スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いらない出血大サービス

2011/02/20 Sun

その日は、雪のバレンタインだった...
(ちょっと、グロい?話ですので、嫌な方はスルー願います~。)

先月の生理復活疑惑は、その日の朝に確信となったのだった。(39日ぶり)
仕事中にはぐんぐんお腹が痛くなってきて、痛み止めを飲んでみる。
しかーし、痛みは治まる気配がなく、嫌だなぁと思ってたら!

帰りの電車では、油汗が出るくらい辛くなってしまいました
吐き気もしてきたので、途中下車してトイレに駆け込む。
とりあえず、大きい方を出して10分くらい様子をみる。

駅員さんに声をかけて、どこかで横にならせてもらおうかとも思ったけど、
そうさせてもらう程の痛みなのか、しばし自問自答。

「それくらい冷静に考えられるなら、まだ大丈夫なのか?」
「ホントにヤバイ人は気絶するとか言うしなぁ」
とか思いつつ、立ったまま寄っかかって休憩(我慢)してみた。
30分後には落ち着いてきたので、なんとか家路につきました。

家では若干痛みはあったけど、まあ一般的な生理痛って感じくらい?
生理ってこんなに辛かったっけ?とげんなりしつつ、寝る。

途中「なんか...もれてるかも?ムニャムニャ
って、何度か意識が戻る瞬間があったけど、寝る(苦笑)。

そしたら、えらいっこっちゃーっ。
朝、目覚めた時には、だだ漏れしてた~
夜用のオムツみたいなナプ○ンしてたのにぃ。

その後2日間はずーっと、量が尋常じゃなかった。
昼でも夜用のしてても、1時間でダポダポになるくらい。
これ、いつ終わるの?って不安になったよぉ。

でも、止まない雨はありません
7日目の今日、やっと終わりそうです。

実は、婦人科健診は2年近く受けてない私。
子宮内膜症について調べまくり、思い当たるふしありまくり...
はい、近々に婦人科受診したいと思います!!

ホルモン療法で子宮への影響があると知っていながら、ほったらかし。
反省しとります。
って、タイトルが不謹慎か?!
「こんな出血サービスはいらない」って想いのタイトルです

戻りたてだから一気にドバッと出た、とかならいいんだけど。
そういう方、いらっしゃったら教えて下さい~。

スポンサーサイト

共感って大事

2010/12/21 Tue

お坊さんも走る師走というのに...
皆さん、お忙しい日々をお過ごしかと思うと
毎日ゴロゴロの私、罪悪感も募ります

先日は大事な友達が、難関の試験を(15年かけて)やっと合格しました
そりゃ~もう、とても嬉しかったし
「私もちょっとは頑張らなくちゃなー」と勇気をもらいました。

断ってしまったお仕事の中で気になってたのがあったので、
派遣会社のHPを閲覧してみたら、もう掲載されてなかった
ワタシャ、ガッカリだよ。
タイミングの悪いマナティであった。(まる子風)


さて、更年期障害の話。

ノルバも終了して、おかげさまで体調も良くなってきた気がします。
不安障害も薄れつつあるし、ホトフラがなくなったと思う。
膝を痛めたのも少しは関係してるのかなぁ?
(でも、仕事してないってのが復調の一番の要因だな。)

ま、大なり小なり、ホルモン療法の副作用を経験したのは確かです。

でー、バレーのオバサマ達の間で、更年期障害の話題になる事があって。
私の乳がんについては話してないので、
その話に加わりたい衝動を今まで抑えてました

が、先日思いがけず話してしまいました。
というのも、その方が戸惑っているのがわかったので、
つい声をかけてしまったのです。

たまに練習にお邪魔する、隣地域のバレーチームの方(50代)でした。
「当分、練習は休みます。体が思うように動かなくて...」
みたいな事を、辛そうに言われてて。

帰りに小声で「更年期障害、ですか?」と聞いてみると
「そうなの...」との答えだったので、
「わかりますよー、私も経験してるから」と言ったら
「え?その歳で?!それはないでしょー。」って。

そうなんだよ、そう言われるだろうから今まで言わなかったんだよねー

「えーと、とある病気の治療で女性ホルモンを抑えてたので~。
やる気がおこらなかったり、関節が痛くなったり、とかですよね?」
と言うと、
「そうなの!もう、家事とかできなくて。」
と、顔と声が明るくなったJさん。

話を聞くと、周りに相談してもわかってくれる人がいなくて、
怠け病じゃないのか、とか悩んで余計に気分が落ち込んでいたそうです。

その後、20分くらい‘更年期障害あるある’は続き
「そう、そうなの!あー、私だけじゃないんだ~。」
「わかってもらえる人がいるってだけで、なんだか気持ちが軽くなったわー。」
と、Jさんは少し安心したようでした。

乳がんの方ともそうでしたが、共感って大事ですよね~。
しかも、症状や事態や対策がわからない時は尚更!

私も今までいろんな方に救われたり、助けて頂きました。
ありがとうございます!

終了なり~

2010/12/07 Tue

ツリー(逆光)
逆光です。あいすみません(^_^;)
病院のツリーでございます。
青が主体のシックな感じ...病院だからあえて明るくしないのかしら。

昨日は(乳腺科の)通院デーでした。
通常は半年ごとの優良(?)患者なのですが、今回は2か月半ぶり。
前回ノルバを中止したし、珍しく主治医が不安障害を心配してくれたので(笑)

「ここ最近は調子は良くなったとはいえ
こういう病気は水虫のようにしつこいので、服用は当分続くんですよ~」
と伝えると、
「水虫って...」と苦笑する(しかない)主治医なのでした。

んで、今後の方針について話し合いました。
考えられる選択肢は...

① SSRI(不安障害の薬)の服用を止めて、ノルバ再開
② SSRIも服用しつつ、ノルバ(作用は減退するけど)も再開
③ SSRIを服用するので、ノルバ終了

まず、①は今の私には不可能なので、却下。
②か③って事になるのですが...

私はノルバの効能が減退するとわかってても(気休めだったとしても)
やはり不安はあるので②を提案しました。

主治医はリュープリン2年、ノルバを3年やったのだから
ここでノルバを終了してもいい、と

私の病理結果は、ホルモン感受性が陽性だった細胞は6割だったそうです。
なので、もし見えないがん細胞が残ってたとしても
6割には効いてるけど、4割には効いてない。

そして、予防という観点からは
ホルモン感受性をもつがん細胞へは効果はあるけど
ホルモン感受性のないがん細胞へは効かないわけだし。

現在ノルバ5年が標準治療(主流)だけど、
私は低リスクの部類なので3年で終了というのも全然アリ、という結論に。

これから半年ごとに定期的にキッチリ検査をして、
もしがん細胞が見つかったとしても小さいうちにたたく、
という事で納得しました。

まあ、不安を言い出したらキリがないよね。
ノルバを一生服用するわけにはいかないんだし。
って、何年後かにはノルバ10年が標準治療になる可能性もあるのかね~

10月にCTをしたので、3月にマンモ、エコーの予約を入れてもらいました。
診察だけだと、お会計210円也。
安いよなー。

イライラ近況報告

2010/06/08 Tue

すっかり、ごぶさたしております。

相変わらず、仕事とバレーとゲーム(Wii&DS)とテニスの毎日...
元気といえば元気なのか?
でも、ちょっと精神的には落ちてたのかなぁ。

平日はグッタリで、明るい気持ちにはなれなかったなー。
何かあったわけでもないけど、なんとなーくダルいって感じで。
「毎日、同じことの繰り返しだ...」って落ち込んでた。

普通の何もない生活、感謝しなくちゃいけないのに
なんだか感謝する気力もわかなくてねぇ。

家ではイライラしっぱなしで、無口なんです私。
母親がズボン(あえて、ズボンと書きますよっ)を半分ずり下げて
半ケツで雨戸を閉めてるのに腹がたって

「恥ずかしいからやめて!」と言っても
「お母さん、恥ずかしくないよ。もう寝るからいいじゃん。」
って、私が恥ずかしいんだよーっ。

久々に母のノーデリカシー書いたなぁ。
でも、笑い事じゃなくてホントにイライラするんだよぅ。
倦怠期?
何をしても言っても気にいらなくてねぇ

それもこれも、ホルモンバランスのせいという事で

3月末にリュープリンの注射の効果もきれてるのに
今現在、生理は戻ってきてなーい。
このまま、閉経なのか~っ。

そして、ホトフラもまたひどくなってきた。
やかんのお湯が沸騰するかのように、カーッと暑くなる。

夜も3~4回は暑くて目が覚めちゃう。
汗ダラダラの背中を壁につけて冷やしてみたり...

漢方薬もやめて1年以上経つけど、また服用しようかと。
(やめた理由は効きが鈍くなってきてたのと、一時ホトフラ落ち着いたから。)

あくまでも私のイメージだけど、漢方薬って耐性が出来るような気がする。
実際はそんなことないんだろうけど。

スキンケアとか、シャンプーとかでも思うんだよねぇ。
だから、たまに違うのを使ってみて刺激を与えてるのだ~。

使用感による自分の気持ちの問題かしらね

でも、気持ちって大事だから!!



ラスト1回

2009/10/11 Sun

主治医が移ったS病院が閉院したので、リュープリンの注射を打ちに
8か月ぶりに大学病院の乳腺科へ行きました。

てっきり出向だと思ってたのですが、主治医は大学病院を辞めて
副院長としてS病院に転職してたのです。
(これは閉院後に聞きました。)

大学病院では、主治医は月曜のみ外来を続けてます。
診察室で会うなり「すみませんでした。力及ばず...」と謝る主治医。

「先生のせいじゃないですよー。先生も大変でしたねぇ。
給料も支払われてないって噂で聞きましたけど...」と聞いてみると
「そうなんですよ。2か月分もらってないんですよ。」だってkao05

閉院直後「無職です。プーですよ」と笑ってた主治医でしたが
現在も再就職先は決まってないとのこと。
すぐ決まるだろうと思ってたけど、諸条件を吟味中らしい。
なるほど、轍を踏まないためには熟考した方がいいもんねぇ。

当面、大学病院での月曜外来は続けるそうなので
今後の治療の相談をしました。

リュープリンは3年あるいは5年にした方がいいのか尋ねたところ
まず5年はありえないと即答されました。
そして「低リスクなので2年で良いでしょう」と言い切られました。

...意外でした。
また「ご自分で決めて下さい」と言われるかと思ってたので。

私の病理結果は悪性度も核異型度も1で、リンパ節転移もなく
低リスクの部類ということが一番の理由だそうです。
「希望するなら続けますか?」の発言も一切なし。

続ける利点はあまりないそうで、ノルバはあと3年服用だけど
(リュープリンを止めたら)体はだいぶ楽になる、と言われました。

2007年12月から注射を始めたので、次回でラストリュープリン。
思いがけず、あっけなく終了って感じだなぁkao04

これで、ホントに体調も良くなるのかしらっ。
もう本物の更年期になってたりして。
あまり期待しないでおこう...

プロフィール

マナティ2983

Author:マナティ2983
2007年10月左胸全摘+エキスパンダー挿入手術。
12月よりホルモン療法開始。
2008年3月に生理食塩水注入を終了。
5月下旬に入替手術終了。
2009年2月 乳頭作成手術。
2010年3月 リュープリン終了
2010年10月(不安障害の薬との兼ね合いもあり)
ノルバデックス終了
残すは乳輪作成(タトゥー)です。
71年生まれ、さそり座、A型、独身。

CalendArchive
最新記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
最近のトラックバック
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。