スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

入替手術入院記③

2008/05/30 Fri

3日目。いよいよ手術当日です。
手術は12時頃の予定でした。

母には遅くても10時半には来てくれるよう、前日釘をさしておきました。
(前回、約束の時間には現れなかった実績があるので~)

朝、家に電話を入れると母が不機嫌そうに出る。
「今、弁当作ってんだよっ☆」
「ハ?誰の?」
「自分の!」
「ふーん、絶食してる娘の横でパクパク食べるんだ(;一_一)?」
「あんたが行ってから食べるよっ☆」

ドラマで手術室の前でソワソワしてる家族って見ますけど、
私のベッドで弁当食べてる母って...
ま、現実はこんなもんか(^_^;)

さて、手術も2回目ともなると緊張しないかと思ってましたが、
やはり、いやむしろ結構、緊張しました!
何をするにも前回と比べてしまうからですかね~。

麻酔科の先生や看護師さんの微妙な空気感、気になりました。
なんか、一人たどたどしい方がいたんですよ。
「大丈夫か?!」って心配になるっつーの!

ま、無事終わったんですけどね。

前回もですが、麻酔から目覚めた時、意識はしっかりしてました。
起こされた時は「ハッ!今、何時?!」って
寝坊した朝のような目覚め方でした...

傷口や乳にチリッとした痛みもありましたが、
それよりなにより腕がしびれて痛い!!
「なんでこんなに腕が痛いんだよー、聞いてねーぞー
って思ってましたね~。

病室に戻ると横で母が(何故か)手すりでリズムを刻んでいて、カチカチうるさい。
「うるさい...」と言ってみても、喉に管が入ってたせいでかすれ声。

母は「隣は子供の部屋なんだ~。泣き声、うるさいね☆」だって(-_-メ)

ので、母はすぐに帰しました。

その後、若先生が来てくれました。腕が痛いと伝えると、
「うーん?脇はいじってないんだけどなー。テープの圧迫のせいかなぁ。」
と、ガチガチに固めてあったテープをちょっとゆるめてくれました。

しかし、その日はずっと腕はしびれて痛いままでした。
「このまま痛かったら嫌だなぁ。リンパ浮腫になったのかなぁ。」
と少し不安なまま過ごしていました。




スポンサーサイト

入替手術入院記②

2008/05/28 Wed

入院2日目の朝。
若先生、昨日来てくれなかった、ぷも~と思ってたら聞きなれた声が!
「マナティさーん。」
若先生との久しぶりの再会、すっごく嬉しかったけど平静を装って
「あー。」って普通の反応しておきました(^^ゞ

「昨日から入院されてるんでしたっけ?」
「はい、暇ですよ。手術2日前から入院なんて、ぼったくりだ~(笑)」
とジャブから入り、年長先生は武者修行の旅に出てるという話etc。

この間、私ベッドの上であぐらかいてたかも...
いけませんね~(>_<)

そして、昼には翌日の手術の説明を別室で受けました。
また先生5人 VS 私1人という不利な状況でした(笑)

以前切除した時の傷を1/3くらい開けてエキスパンダーを取り出し、
シリコンを入れるという説明でした。
考えられる合併症(感染等)の説明もありましたが、
特に質問もなく10分もかかりませんでした。

そして、アレルギーについての確認がありました。
若先生から「花粉症と...金属アレルギーって何に?」と聞かれたので
「えっと、銀とか」と答えてると、激しくつっこみ?が。
「金とかプラチナも?」
「18金以上なら大丈夫で、プラチナも大丈夫です」
「ふーん、要するに高いのしかダメなんだね(笑)?」と言い終わらない内に
「そーです、くれるんなら高いの下さいっ☆」って手を出した私。

これが手術を明日に控えた医師と患者なのか~?!
私は(多分、若先生も?)満足な掛け合いだったのですが、
他の先生方は苦笑いするしかなかったようで...スミマセンでした(ーー;)

そして夕方、マジックでの印つけされました。
前回の手術前もしたのですが、これ一番恥ずかしい...
しかも、若先生と1対1だし~。
息がかかるほどの超接近戦だし~。
汗ダラダラだし~。

あ、看護師さんもいましたよ。
途中で「もういいですか」って出て行こうとしたのですが、
若先生が「ダメ、ダメ~!」と止めると、看護師さん不思議顔。

すかさず「何かあったら困るから~」と私が言うと、
「訴えられたら負けるのオレだから」と若先生。

外来の水足しの時にさんざん聞かされてたんですよねー。
男の先生と女の患者さんが個室で二人っきりにはならないよう、
徹底してるみたいです。
(若先生だけではなく、他の比較的若い先生方もです。)

でも、水足しの最後の方はほとんど二人っきりだったけど(^_^;)

で、印つけ続けようとしたのですが、私の汗のせいかなー。
「うーん、もっと太いマジックなかったかなぁ。見てきてくれる?」
と看護師さんに言った若先生。

「あ、ダメだ!二人っきりになるじゃん(ーー)!!オレが行ってくるーっ」
と一人でノリつっこみして出て行った若先生でした...
相変わらずよのう(-_-メ)



入替手術入院記①

2008/05/26 Mon

昨日退院しました、マナティです、エヘ。
日帰りや1泊手術もあるとゆーのに、結局1週間いましたよー。

明日から仕事復帰します。
今日は最後のゴロゴロ生活をしてました(^_^;)

NEW乳の感想はですねー、見事に健側のタレ具合に合わされています(-_-;)
自胸はもう少し大きかった気もします。
初めはこんなもんかなぁと、大満足ではなかったですね~。

でも、家に帰ってマジマジと見るとよくできてるなぁと思いました。
シリコンの段差もほとんど気にならないし。
今はそこそこ満足しております(^^)

では、またしつこーく入院記書いちゃいますよ~。


1日目。
病室は前回と同じ階で、前もお世話になった看護師さん達もチラホラ。
部屋はさすがに違い、6人部屋の真ん中で暗くて狭い~(>_<)
(前回は4人部屋の窓際とゆー、ベスポジだったのです)

その日の担当の看護師さん、私のこと覚えてくれてて嬉しかったな~。
説明も2回目とゆー事でサクサクッと終わりました。

問診で「この中で当てはまるのは?」と聞かれ、
(他の選択肢は忘れましたが)
「‘遠慮がち’かなぁ。でも、それを言ってる時点で‘遠慮がち’じゃないですよね~(笑)」
って大笑い。緊張感ないな~。

その後、お初のU先生(♀)登場。
サラッと今後の予定を説明してくれた。
「気になることは?」と聞かれたので、エキスパンダー乳をみてもらう。

色が悪くなってることを訴えてみても「はってるからかな」で終わり。
なんか、リアクション薄い先生だなぁと思ってると、
「重いですよねー?」の質問が。

「いえ、自胸の方が重かったくらいなので、それは特に...」と答えると、
「あ、そうですか...(;一_一)」
って、なんかすごいガックリしてたなー、U先生。

うーん、確かにU先生はスレンダーな方なので、
胸が重いって感覚はわからないのかなぁ。
(って、スレンダーな方々にケンカ売ってるわけではありませんよぉ)

1日目はそんなもんですね。
ウチの病院は入院診療はグループで診てるので、担当先生のところには
6人の名前が記載されてました。

その中に若先生の名前もありましたが、1日目は会えず。
会えるのは2日目までお預けとなりました。

つづく  (^◇^)




マナティ、行きまーす!

2008/05/17 Sat

もうすっかり忘れ去られてるかもしれませんが...
水足しを担当してくれてた、形成外科の若先生の話。

異動とさんざん騒いでた私ですが、外来の時間が変更になっただけで
どうやら病棟(入院診療)もちゃんと担当してる模様です。
異動があったのは年長先生だけでした(多分)。

でも~、若先生が手術に入るのかどうかはわかりません。
術後の外来担当がどの先生になるかも未定です。

ま、なるようにしかなりませんよねー。

なるようにしかならないといえば...
エキスパンダーでソフトボール大まで引っ張られてる私の皮膚。
下部の色が悪いままなんですよね~。皮膚はすごーく薄くなってるし。

本来は肋骨の上にある(平らな状態の)大胸筋ははがされて、皮膚のすぐ下にあります。
平らだったものが丸くなってるので、
皮膚の下に大胸筋がない箇所があるんだそうです。

水足し序盤の頃に、若先生が年長先生に「ここ、大胸筋がないところだから...」
と何気なく言ってるのを聞いたんですよね~。

それって偶然聞いたからわかったようなものの、
教えてくれない事柄だったのでしょうか。
知ったところでどうしようもない、と思われてるのか?!
でも、自分の体のことだもの、知っておきたいけど~。

その大胸筋がない箇所が皮膚が薄くなってるところだったかなぁ、と
この間際になってちょっと不安になってしまいました。

実はここ最近、まじまじと見てなかったんですよ~。
いくらヒルドイドを塗って保湿はできても、色は変わらず。
良くなる気配がないので見るの、すっかり嫌になっちゃって。

しかし、このエキスパンダー乳ともお別れなので、
いっちょ写真でも、と携帯カメラで撮ってみたんです。
客観的に見てみると...結構コワイ感じでした。

准教授によると「入替後に色は戻るかはわからない」だそうです。
...ま、多くは望むまい。
なんとか、形はキレイにできてほしいな~。
けど(キレイすぎると)健側とのつりあいがな~。
悩める年頃です((+_+))

さて、金曜に病院から電話が入り、月曜から入院とあいなりました。
手術は水曜だから、月・火は暇だな~。
手術まで何するっつーの?
パソコンは持ち込めないので、携帯から記事を更新しようかなっ☆

ここまで読んで下さったあなたにサービスショット(笑)
エキスパンダー乳

とうとう、私のデブもバレてしまいましたね(-_-メ)
鏡越しなので、逆になってません。向かって左側がエキスパンダー乳です。
正面だと健側との違い、そんなにわからないかな??



嗚呼、かんちがい...

2008/05/14 Wed

来週は入院のため、仕事は1週間休みをとってあります。

変な言い方ですが、乳がんが発覚したのが今の職場で良かったなぁと思います。
オジサマが多いせいか(派遣である私ですが)何かと気遣ってくれます(^^)
残業もほとんどなく、仕事が集中しそうになると調整してくれる上司もいます。
前の現場に比べると雲泥の差です。

去年の夏、告知されてすぐに、手術のための2週間の休みと
その後も通院があることを(「乳がん」という事はひた隠し)上司に伝えました。

派遣で尚且つ、CADオペは私ひとり。
仕事で迷惑をかけてしまうのは必至で、
契約を切られても仕方がないと思ってました。

「できれば、休みという形をとれればありがたいです。
でも、迷惑かけてしまうので契約終了でもしょうがないと思ってます...」
と伝えると、
「2週間の休み、問題ないですよ。また戻って来て下さい。」
と言って頂きました(T_T)

ただでさえグルグルしてた告知直後に、
悩みが一つ減って本当にありがたかったです。
そんなわけで、10月に入院&手術という事で休みをとったのでした。

けど、すっかり忘れられてるのかな~(ーー;)
病名はふせてたし、復帰後もはたから見たらなんら変わりなく見えてたから?
今回の休み、メールで上司からみなさんに連絡いってるのですが、
理由が明記されてないのでいろいろなかんちがいが~。

まず、マンモをサーモグラフィーと言ったT(♀)さん。
「どっか行くんですか~♪?」

「いや、また入院するんだよね~」と言った瞬間、
「えっ(゜o゜)?」ってビックリしてました。
「あ、今回はたいしたことないから
って、とりつくろいましたけど...驚かせてごめんねー、Tさん。

そして、そう思われるかなっと思ってたかんちがいがぁぁ。
1週間て、新婚旅行と思われがちみたいで(-_-;)
何人かの方にニヤニヤしながら
「メールみたよー。どこ行くの~?!」と言われましたよぉ。

ある時は「ちょっと軽ーく入院するんですよ~」と言うと
「整形かっ?!」と真面目な顔で聞かれました...

私っていったいどう思われてるんだっ?!




はー、良かった~

2008/05/13 Tue

今日は術後初CT(&血液)検査に行ってきました。
また私は長~く、しつこ~く書いてしまうので結果から書かねば(笑)

結果は問題なしでした。

はー、良かった~。

今回かなりビクビクしてたのですが、これには理由がありました。
ここ最近、健側が痛くて、触るとしこりという感じではないけど
なんかデコボコしてたんですよ。

かねてから不思議だったんですよね。
同じ環境にあるはずなのに、なんで片側だけがんになるのかと。

いや、実際に両側なったら困るんですけどね。
(でも、視力も左右違ったりするし、片側だけって事って他にもあるかー?)

とにかくそんな考えがずっと離れず、今日も結果を聞くまでは心落ち着かず...

では、しばし私の検査の様子にお付き合い下さい。

朝イチでCT検査室に行きました。
今日は前回と違う場所で「む。古い方か...」なぞ、思ってました。

技師のオジサンは感じのいい方でしたが、
男性で物腰が柔らかいとオネエ言葉に聞こえるのは何故でせう...
「あ、ピアスはずせるぅ?」って言われた時は、内心おかしかったです。

終わった時に「マナティさーんっ!」ってやたら大きい声で言われたのは
私が寝てると思ったからでしょうか。
でも、その時は「結果が良くないから元気づけてくれてる?」とか思ったり(ーー;)

乳腺科に戻ってみると、混雑がひどくなっていました。
しばし(もんもんと)待つ。

そして、看護師さんに「採血室に行って下さい」と言われたので
「つい最近も、形成外科で血液検査してますけど...」と聞くと、
またしばらく待たされた後に、
「腫瘍マーカーを確認したいそうなんで」と言われました。

血液検査は前もって聞いてなかったので
「あー、CTで何かあったからかなぁ?」
とネガティブシンキングまっしぐらでした(-_-)

待ってる間はホントに落ち着かなかったなー。

しかし、診察室に入るなり主治医からサラッと
「問題ないですよ。」と言われ、拍子ぬけ(゜o゜)?

「あー、良かったぁ。実は健側が痛かったりで不安だったんですよ」
と告げると、
「がんは基本的に痛くないですよ」
とまたまたバッサリ(-_-;)
痛みは関係ないのかもしれないけど、不安だったんですよー、先生。

でも、画像一枚一枚、丁寧に説明してくれました。
そして、痛みについて言及してみると
「ホルモン療法で胸が委縮するので、痛みがでる事は考えられます」
だそうです。

そうなのか~。
デコボコも委縮のせいだろう、との事。
ま、心配なら来週の入院中にエコーしてくれるって。
そうねー、どうせ暇だしね~(^^ゞ

ちなみに健側に腫瘍が見つかった場合は、
転移なのか新たにできたものなのかを見極めつつ、手術はできるそうです。

でも、私の場合はホルモン療法してるのだから、
健側にできたら、それが効かなかったって事になるんだろーなー。
って、そんな事にならないよう願うばかりです。

あー、でも不安がないって素晴しい(T_T)
早速お祝い?のケーキを食べてしまいました。エヘヘ。


検査いろいろ

2008/05/10 Sat

21日に入替手術を控えてる私は、2日に術前検査一式を受けてきました。
内容は血液検査、尿検査、心電図、胸部レントゲンです。

初めに形成外科で血液検査でしたが、
約ひと月ぶりの形成外科、なじみの看護師さんがいなくて残念でした。
ウチの病院て入れ替わりが激しいような気がします(ーー゛)
血液検査もお初の看護師さんだったので、なんだか緊張してしまいましたよ~。

結果は(特に問題がなければ)入院時までわからないのですが...
大丈夫だったかなぁ。

前日すっかり検査のこと忘れてて、
相変わらずの暴飲暴食してしまったんですよねぇ((+_+))
きっと、中性脂肪が高いんだろーなー。うわぁぁあ。

そして、尿検査もうまくとれて(笑)、心電図室へ。
そういえば、乳腺科と形成外科以外では
初めてエキスパンダー乳のお披露目という事に気付きました。

加えて汗ダラダラだったので、
「なんか...見せるの嫌だなぁ」と思いつつ、モソモソ服をめくりました。

女性の技師さんでしたが、一瞬戸惑った感じがわかりました。
初めてだったのかなー、エキスパンダー乳。
しかも、左側ですしね。

「この辺につけても大丈夫なのかしら?」と聞かれたので
「あー、大丈夫だと思いますよー」と答えました。
すぐに、布をかぶせてくれたのが嬉しくもあり、
‘気を使わせてすみませんねー’ってヒネクレ気分もあり...

ま、とにかく無事に心電図検査は終わりました(と思います)。

「次のレントゲンもな~。胸ギューっとはつけられないよ?」と思ってたのですが、
検査着もあったし、ギューっとしなくても全然大丈夫でした。

そして、12日には術後半年検査って事になるのかな?
CT検査を受けてきます。

乳腺科の主治医とは3月中旬に会ったきりです。
リュープリンが12週製剤になったので、主治医からは
「次回の6月にCT検査をしましょうね」と言われました。

「あ、そういえば入替手術が5月21日に決まったんですよ」
と雑談みたいな感じで伝えると
「そうでしたか!じゃあ、安心して手術にのぞめるように、
その前にCT検査しましょう。結果はすぐわかりますから」
という事になりました。

相変わらず、ウチの病院て連携ないよなーと思った1コマでしたねぇ。
私から言わなければ、主治医は入替手術はノーケアだったのか?!

あー、でも術後初検査、ちょっとドキドキです(>_<)

GWの思い出

2008/05/07 Wed

富士山

↑山中湖付近より富士山 (あー、デジカメほしーっ)

ここのところテニスの話ばかりで、すんまそん(古っ)。
しか~し!GWの思い出といえば、もちろんテニスネタです^^;

だってだって、入替手術は4月でもできたのに、
GWにテニスしたいが為に手術を5月にしたんですもーん。

4日に日帰りで(!)山中湖テニス合宿に参加してきました~。
私は今回はドライバーではなかったのですが、
行きも帰りも渋滞を満喫しましたよ...(;一_一)

5時に幕張を出発し、行きは首都高、中央を通り、
山中湖に着いたのは9時頃でした。

今回は姉妹サークルとの合同合宿でした。
年に二度合同で合宿をしています。

その姉妹サークルの女子は初級者が多いので、
ぶっちゃけマナティ的には物足りず...(-_-)
時には男性と混じってやることもあるのですが、
今回は人数の関係だったりで、大人しく女性としてやりました、ハイ。

ま、楽しくテニスはしたんですが、今の悩みは...
テニス後にお風呂に入れないこと!
いくらなんでも、このソフトボール乳は見せられません((+_+))

以前は温泉好きで知られてた私。
なので、お風呂に入らないのって不自然なんだろーなー。
‘女の子の日’って思ってくれてるのかなぁ。
実際は(ホルモン療法中なので)生理もないんですがねっ(ーー;)

とゆー事で、クサイ?まま(苦笑)帰りましたよー。
帰りは東名で帰ったのですが、かなりの渋滞でした。
山中湖を21時に出て千葉に着いたのは2時過ぎてました。
ドライバーの皆様、お疲れ様でしたm(__)m


結果報告

2008/05/02 Fri

今日は風強かったですねー。
今日の試合はインドアだったので、風の影響を受けずにテニスできました~。

昨日も書いた通り、久しぶりのシングルスの試合に出場しました。
いやあ、やっぱり一人でコートを走り回るのは疲れましたぁ(~_~;)

昔はシングルスって勝っても負けても孤独で、寂しかったなぁ。
けど、いつからか孤独にも慣れ、
勝っても負けても自分の責任!てところも逆に快感?になりました。

平日だったのでオバサマばかりだったらやだな~と思ってたら、
意外と同じ年代の人が多かったかなぁ。

12人だったので3人でリーグ戦をして、その後順位別のトーナメントでした。

1試合目ってドキドキするんですよねー。
でも、相手のミスにも助けられて6-1で勝ちました(^^)v

終わった時に相手に話しかけられて驚いたのが...
「最近、試合出られてませんでしたよねー?」と言われたことです!

「あ、そうなんですよー。久しぶりのシングルスです。よくご存じで...」
と言うと、
「えー、有名ですもん!どうかされたんですか?」
と聞かれてしまいました(^_^;)

「ちょっと体調崩してたもんで。」と答えておきました。
まさか
「乳がんになっちゃって。この左乳はエキスパンダーですのよー、オホホ」
なーんて言えるはずもなく...

それにしても、私ってダブルスだと騒がしいので
(シャラポワのように奇声をあげるので)目立つらしいんですよね~。
私が覚えてなくても「前に試合したんですよ」ってよく言われます。

2試合目も6-1で勝ったので、次は1位トーナメントです。

1回戦の相手は若い子でした。
同じようなタイプで要注意だな、と思ってました。
ちょっとせった場面もあったのでしたが、なんとか頑張りました。

その子はボインちゃん(死語?)だったので、
「いいなー、乳があって。くそ~、負けるもんか。ニセ乳パワーをみせるのだ!!」
とちょっと違った方向の?叱咤激励をした私でした^^;

どうにか6-3で勝ち、次勝ったら優勝だったのですが、
あっさりオバサマに6-2で負けて準優勝でした。

悔しかったけど、また課題が見つかって良かったです。
入替手術後には、またバリバリ頑張るのだー!


プロフィール

マナティ2983

Author:マナティ2983
2007年10月左胸全摘+エキスパンダー挿入手術。
12月よりホルモン療法開始。
2008年3月に生理食塩水注入を終了。
5月下旬に入替手術終了。
2009年2月 乳頭作成手術。
2010年3月 リュープリン終了
2010年10月(不安障害の薬との兼ね合いもあり)
ノルバデックス終了
残すは乳輪作成(タトゥー)です。
71年生まれ、さそり座、A型、独身。

CalendArchive
最新記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
最近のトラックバック
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。