スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

回想(病院決定編)

2008/01/30 Wed

どうしても(今の病院だと)手術まで待たされるのが気になり、
家から近い病院にも行ってみました。
専門医もいるようだし、後々化学療法する時は近くの方がいいよなぁ、とも思ったので。

その時は現病院でのCTの結果待ちで
(結局がんは多発してたのですが)今の主治医からは
「まだ全部が悪性とは言い切れない。細胞診したしこり以外は
非浸潤がんや乳腺症の可能性もあります」と言われてました。

この言葉にはちょっと視界が明るくなったとゆーか。
なにしろ、次々発覚することが良くないことばかりだったので...
温存にこだわってた私は、わずかな希望を追ってたんです。

持参した資料は、エコー、マンモ、MRIのフィルムだけでした。
その先生の見解は
「温存で手術して、病理結果(や断端陽性かどうか)から判断して
取りきれてなければ再手術しましょう」というものでした。

その病院での考えうる最良の判断だったと思います。
けれども「二度手術する」というのは、
手術自体が未知で不安な私には避けたい事でした。
いくら3週間後に手術ができるとしても。

その直後に現病院でCTの結果が出ました。

・CTでもしこりは数か所確認できるが、やはり悪性かどうかは判断できない。
・全部が悪性だとすると、範囲が1/4越えるので温存は難しい。
・しかも、しこりは5mm以下のものもあり細胞診できないかもしれない。

そして、悩んで悩んで主治医と私が出した結論は、

・端と端の細胞診をして二つ共悪性だったら全摘にする。
・違ったら(細胞が取れなかった場合含め)温存で手術にのぞみ、
 術中、病理を迅速判断でがんが拡がっていたら全摘にする(+エキスパンダー挿入)。

でした。

私がすぐ全摘を選択していたら話は早かったんですが、
そりゃあ1%でも望みがあるならすがりたいですよねぇ(+_+)
主治医も「もったいないって気持ちはわかりますよ」と言ってくれたっけ(しみじみ)。

こうして、やっと正式に今の病院にお世話になる事にしたのでした。
手術日は10月下旬を予定して。
時は8月の下旬で、告知からはひと月過ぎていました...

コメント

Secret

No title

こんばんは、マナティさんはじっくりと病院選びをされたんですね、前回書かれてた、ハズレの!?Drなんかにも出会いながらも、自分で納得できる病院を選ぶことができてよかったです(^_^)私はセカンドも行かず、今の主治医に言われるがまま進んできた気がします^_^;結果的によかったんですが、自分のことなので、もっと積極的に動いてもよかったかなとか今になって思ったりします。
私も温存にこだわりがありました、術前の化学療法を選択したのも温存したい気持ちからだったし。やっぱり少しでも可能性があったらすがりたいですよ(^_^)

悩みますなぁ

マナティさん、こんにちは!
マナティさん、ずいぶん難しい選択をしなきゃいけなかったんですね。
これは私だったら相当悩みますよ。
こういういろいろな可能性を持った難しい選択肢を、自分で選ばなきゃいけないとなると、まさに良い主治医を持たないと難しいことですね。
↓のけったいな先生みたいな人じゃなくって良かった良かった。
いくら主治医は別の先生になるかもと言われても、こんな先生には診察もしてもらいたくないよっ!!
ところで主治医の先生の「もったいない」発言はまとをえてますねぇ。
まさにもったいない...って気持ちでしたよぉ。
女性にとっておっぱいってやっぱり特別ですからねぇ(しみじみ)

No title

マナティさん、こんにちはー(^o^)
できることなら温存でいきたいって思いますよね。
女ですもん!
たくさん悩まれて、お辛かったことと思います。うるうる(T_T)
私は病理の結果で断端陽性となってしまって、乳頭先まで延びていっていたようで、追加で全摘手術をするか、放射線にかけるか、悩みました。
結局、放射線を選んだんですが、残っていた癌細胞がちゃんと死滅したかどうかは確認することはできないので、不安になることがあります(T_T)
もう、治療の選択で悩むのは勘弁ですよね。


サニーさんへ

じっくり病院選びは、しつこいさそり座だからかと思ってたのですが、
サニーさんもさそり座ですよね(笑)
サニーさんのようにセカンドに行かない方もいらっしゃいますよねー。
でも、結果的に自分自身が納得いけばいいんだと思います。
私は「誰かや、何か」のせいにしたくなかったから、かなぁ。
私の場合は小さいしこりが多発だったので、
術前化学療法も効果が期待できなかったんですよー。
わたしのがんは、ホント憎い奴らでしたっ!

まみさんへ

難しい選択だったって思ってくれます~?!
まみさんにそう思ってもらえるだけでも、救われた気がします(^^)v
その時は「こんなにウダウダ悩んでバカみたい??
さっさと全摘しちゃえばいいのかな...」って思ってました~。
主治医の「もったいない」発言も、逆に当事者じゃない人が聞いたら
なんか不謹慎とゆーか変な言葉のチョイスって思わないかな、と。
でも、私にはすごく嬉しくてー。まみさんも共感してくれて嬉しいですっ!

くまくまさんへ

くまくまさん、こんばんはー。
当時はかな~り悩んでましたよー。結構ヘコんでました(>_<)
くまくまさんの断端陽性っていうのも、治療の決断難しかった事と思います。
私たちの病気って、なかなか100%の安心を手に入れられないですよね...
でも、くまくまさんの癌細胞は死滅してますよ、きっと!
不安になる気持もわかります...
けど、どうせなら明るく楽しく過ごしたいですよねー!

プロフィール

マナティ2983

Author:マナティ2983
2007年10月左胸全摘+エキスパンダー挿入手術。
12月よりホルモン療法開始。
2008年3月に生理食塩水注入を終了。
5月下旬に入替手術終了。
2009年2月 乳頭作成手術。
2010年3月 リュープリン終了
2010年10月(不安障害の薬との兼ね合いもあり)
ノルバデックス終了
残すは乳輪作成(タトゥー)です。
71年生まれ、さそり座、A型、独身。

CalendArchive
最新記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
最近のトラックバック
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。