スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

回想(家族の反応編)

2008/02/05 Tue

今回は、私の乳がんへの家族の反応についてです。

ウチは基本「おもしろ家族」だと思います。
まあ、些細なことでケンカはしょっちゅうですが、
母も兄も話好きだし、仲は悪くないです。
(食べ物は仲良く分け合いませんが^^;)

けど、実はワタクシちょっと神経質?なところあって...
外ヅラよくしてる分(って言い訳です、ハイ)身内にはキビシイのです。

さて、そんな私の母への告知は。

精密検査になったのはもちろん言っていたので、
検査に行った日に「どうだったの」と聞いてきました。

「まだ結果出てないよっ」
心配してくれてるのはわかってるのに、
自分がナーバスになってるせいか声を荒らげてしまった。
いくつになっても、子供だよな~、私。

クリニックで告知された日は、帰り道、母親になんて言おうか考えてた。
平日に勉強会つきの告知だったので、帰りはすっかり遅くなっていました。

とにかく泣かないで冷静に話したい、と思ってました。
「検査の結果出たんだけど、私...乳がんなんだって」と言うと
間髪入れずに母は「もう?!」って言ったんだよなー。
フツウ、第一声に「もう」って出るかなー??

未だにはっきり聞いてないのですが、
何故に「もう?!」と言ったのかは不明です(+o+)
多分「その歳でもうがんに?」って意味だったのだと思うけどー。

あ、それから父のこともあるかも。
父は胃がんで47歳で亡くなってるので。
父が亡くなった時、周りから「まだまだ若いのに」って言われてましたからねー。

母に話した時、兄も一緒に聞いていたのですが、
しばらくは病気については話せなかったなー。

けど、落ち着いてからは赤裸々に語ってましたよ。
全摘になるのかどうかで悩んでた頃、兄にどう思うって聞いてたんです。

「おっぱいをとるのか命をとるのかって事だろー。
悪いものは全部とっちゃえ、とっちゃえ~!」と、兄のノーテンキな答え。

ので、私は反撃しました。
「じゃあ、兄ちゃんのチン○ンにがんができても
とっちゃえ、とっちゃえ~って言ってやるからっ!」と言ったら
「それは、ウググ」ってなってました...(~_~;)


コメント

Secret

つい

ちん○んに爆笑してしまいました!!
マナティさんちは明るい面白一家ですね~
病気になっても、そんなご家族と一緒だと落ち込んでも
すぐに笑ってしまいそうでいいなぁ♪
私は一人暮らしだったので、今考えるとかなり寂しかった気がします。
お母様もマナティさんが心配だったでしょうけど、
そのちょっと力の抜けた応答が可愛かったです。
私の後輩が前立腺がんでやっぱり若くで亡くなっちゃったのですが
彼ももう結婚できないなぁと悩んでいたそうです。
やっぱり体のどこかが変わってしまうのって、中身は変わらなくても
おおごとですもんね。
マナティさんも再建なさって、魅力的なおっぱいが戻って何より♪
また楽しいお話で笑わせてくださいねっ^^

No title

こんばんは~楽しそうな家族ですね(^_^)チン○ンの話は笑えます(^o^)
私の家族も私が乳がんだってわかった時はすごくびっくりしましたが、あとはやたら明るかった気がします。入院中、母親と私がしゃべってるのを看護婦さんが聞いて、「おもしろいお母さんでいいね~」って言われたりもしましたよ。両親も心配だったと思うのですが、わかっていても今だ反抗期のような態度をとってしまうサニーです^_^;いったい何歳だよ!っていわれそうですね。

まみさんへ

兄との会話は不謹慎か?とも思ったのですが、
印象的な話なので書いてしまいました...
ウチの兄はシリアスな話も笑いとばすタイプなんですよねぇ。
ま、兄なりに心配してくれてたようです。

まみさんは一人で(←この言い方が合ってるのかどうかわからないけど)
本当に大変だったことと思います。
でも、心配してくれる家族が常にそばにいるのも、
時にプレッシャーになるというか、一人になりたい時もありました。
泣きたくても泣けなかったり。ないものねだり?
(てゆーか、私がワガママなのかー)

あ、再建についてはまた詳しく書きますが、
今は組織拡張器を入れてるだけなので
硬いソフトボールみたいなんですよ~。
シリコンに入れ替えるのは5月くらいなんです^_^

サニーさんへ

こんばんはー。やっぱり、チン○ンに反応しちゃいました~(笑)?
結構、家族の方が取り乱すって話聞きますが、
サニーさんのところも明るく過ごしてたんですね。
ま、暗くしててもがんは治らないんだから、明るくしてた方が得ですよねーv-411
(なーんて、落ち込んだり不安になる事もありますけど)
そーそー、親には反抗期になってしまいますよねー。
患者はワガママなもんですよ、うん。

うわー

チンチン~  あ、これはスペイン語で「乾杯」の意味ですよ!(笑)
まぁ、うちの兄との会話もそれにかなり似ている感じですw
母との会話は・・ ちょっと違いましたが(笑) 
ショックの度合いは何となく似ているかも・・ 当たり前かな?w

No title

マナティさん、こんにち〇ちん~♪
マナティさんの記事読んでたら、壊れてきました(笑)
ママさんの反応、おもしろいです。
その時はももちろん笑いごとではなかったと思うのですが、振り返ってみると、笑っちゃいますね。
うちの母も結構おとぼけちゃんですが、マナティさんのママさんの面白さには勝てませんわー(●^o^●)

こんにちは!

ち〇ち〇の話、私も主人に言いましたよー
同じだーと共感です(^^)v
男は何にも分からないよね、女のこの気持ち。
でもち〇ち〇の事言えば、わかってもらえるよね。
言葉も出ないはずだもん。。。^^;

そうそう、私もさそり座A型です(^.^)

ナイトカオさんへ

はっv-12はっきり書きましたね~、でも乾杯だからいいのか~(笑)。
ナイトカオさんもお兄さんと同じような会話を?
男兄弟には話しづらいって人もいるようですねー。
似てるって言われると、なんだかホッとしまーす。

くまくまさんへ

くまくまさん、こんにち○ちんなんて言っちゃダメ~v-431
母の反応はリアルタイムでもシリアス度100%のはずなのに、
5%くらい心の片隅で「なんだ、その反応は~?!」って思ってたかも。
マナティ母はほんとにオトボケさんです><
まだまだオトボケ列伝ありますので、お楽しみに(?)

ゆうゆうさんへ

ゆうゆうさんもち○んちん話されましたか~。
夫婦間で言うのが一番適切な気がします...v-218
「おっぱいか命か」なんて極端な話ですが、女には同じくらい大事ですよね!

ゆうゆうさんもさそり座A型ですかーっ。親近感っ。
さそり座って乳がんかかりやすいんですかねー??(そんなのないかぁ)

はじめまして

他の方のブログから遊びにきました(^^)
私も乳がんのこと、母に話すのは勇気がいりました。
夫に話す方が、気が楽でしたねぇ~
うちの母はとても心配性で、オロオロしてました。
「だから、話すのイヤだったんだよ!」って正直思いましたもの・・・
「大丈夫、大丈夫」ってドンとかまえてくれると助かるのになぁ
これからもよろしくお願いします。
また、遊びにきますね☆


No title

私は、初発の時は母と一緒に告知されたから、逆告知の悩みはなかったんだけど、マナティさんみたいに、自分の親への告知って、どう言おうかっていろいろ考えちゃうだろうな~。
とはいえ、私も親には病気の不安をいっつもぶつけてばかりいますよ。心では「ごめんなさい」って思っているんだけど・・・
乳がんになるなんて、一大事ですもんね。ナーバスにもなるのわかりますよ。。。

みやびさんへ

ご訪問ありがとうございまーす(^O^)/
初めて来て頂いたのに内容が下ネタ?で、あいすみません((+_+))
旦那サマに話す方が気が楽ってわかる気がします。
心配症の人に話すのって気が重いですよねー。
動揺ってすごく伝わりますもんね。こっちも不安になるー、みたいな。
こちらこそ、よろしくお願いしますi-236
わたしもみやびさんのところ、あとでうかがいますね~!

ちゃこさんへ

親御さんや旦那さんと一緒に告知された方も少なくないですよね。
それはそれでご家族もショックだろうと思います。
ウチの母は泣き崩れるタイプではなくて助かりましたが、
なんかマヌケだったなー^^;
身内にはついついあたってしまいますよねー。またそんな自分に自己嫌悪に陥って悪循環。
私たちってそーゆーお年頃なのかしら><
プロフィール

マナティ2983

Author:マナティ2983
2007年10月左胸全摘+エキスパンダー挿入手術。
12月よりホルモン療法開始。
2008年3月に生理食塩水注入を終了。
5月下旬に入替手術終了。
2009年2月 乳頭作成手術。
2010年3月 リュープリン終了
2010年10月(不安障害の薬との兼ね合いもあり)
ノルバデックス終了
残すは乳輪作成(タトゥー)です。
71年生まれ、さそり座、A型、独身。

CalendArchive
最新記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
最近のトラックバック
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。