スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

団体競技の難しさ

2009/11/03 Tue

バレーのウェア
吹き出しこんなの着て、バレーしてます。

高校・大学とバレーボールをやってたけど、
「団体競技ってその人数分の考えがあるから大変」って思ってた。
まとめる立場だと、ストレスたまることが多かったなー。

『エースをねらえ!』にあこがれてたのもあったけど、
「個人競技をやりたい」っていうのも、テニスを始めた理由の一つだった~。

今年からまたバレーを始めて、
最初は団体競技の楽しさが先立ってたんだよねー。
「みんな大人だから、イザコザは少なくなるものなのかなー」
と思ってたんだけど...

やっぱり、いろいろ大変ですkao04

皆さんも、部活(や球技大会)で経験されてませんか?
勝ちにいくのか、楽しむのか、
レギュラーは実力なのか、出席率なのか、チームワークなのか、etc...

この間、Vチームで問題があったんです。
Vチームは私と同年代ばかりの(ママさんバレー界では)若いチーム。
その中で、たった一人60代のIさんがいるのです。

Iさんはかつては名選手だったらしいけど、今ではその影もなく。
その歳で元気にバレーをやってるのはスゴイと思う。
でもね。
現在では動ける範囲が狭いし、他の選手と比べるとちょっと...

そして、頑固な面もあるから周りがすごく気を遣う。
試合に出れば絶対狙われて、ミスが多くチームの雰囲気が悪くなる。
しかも、自分のミスは棚にあげて、周りへ注意ばかりするから
カチンときてる人も多くチームワークが乱れる。

で、Iさんの試合起用で意見が分かれたのでした。

A 1セットの中でワンポイント起用
B 先発出場だけど、狙われたり雰囲気が悪くなったら交代
C (負けても)とにかく、全出場

私は、たとえ実力が劣ってても頑張っていて和を乱さない人ならCかBです。
ただ、Iさんに対しては(チーム全体のことを考えると)AかBと思ってた。

みんなの意見を聞きつつコーチが采配した結果、
全3試合あったので、1試合はCで他の2試合はBでしたが。

今回、改めて考えは人それぞれだなぁと...

私はそもそも、公平・平等って難しいと思っていて。
だって、いろんな条件や原因や理由があるから、
全く同じってわけにはいかないと思うんだよね。
どうしたって‘好き嫌い’って感情も出てくるし。
(だから、逆に自分自身も平等に扱われなくてもしょうがないと思ってる。)

けど「なんでも平等。それが正しい!」って思ってる人もいる。
確かにそうなんだけど『それが正義!それが正論!』と、頑なな人って苦手。

正論を盾に意見を押し付けるのって危険だと思う...
とゆーか、協調性・柔軟性がない人が苦手なんだなぁ、私は。

コメント

Secret

こんばんは!

協調って難しいのかな~
私ね、転校が多かったせいかと自分では思ってるんだけど
溶け込むのが上手いって思ってます。
誰とでも話せるし、友達にもなれるの。
あれ?協調性とはちょっと違う話題だね(^^ゞ

あと柔軟性なんだけど、自分ではあると思ってたんだけど
どうも最近それでストレスがたまっている模様(笑)
柔軟になろうと思って無理している感じがあるみたいです(^^ゞ
柔軟じゃないとわがままなんですよね^^;
で、わがままだと「ほ~ら一人っ子だからね~」って言われる。。。(怒)

私どうですか?
って聞かれて、正直に答えられないですよね~(笑)
やっぱり今度飲みながらゆっくりお話ししたいですね!!

No title

こういうのって難しいよね~。
大学時代は一応体育会だったので(私はプレーヤーじゃないよん)、やっぱり勝つことが第一ではあるけれど、それでもやっぱり「勝ち」へのこだわりの強さがみんな同じとも限らず。。。
部室で椅子が飛んだこともあったわ。(遠い目~)

私も「なんでも平等」って違うと思うー。
昨今の幼稚園の運動会とかで、順位がつく競技はない、みたいな話聞くけど、そんなの、かけっこが得意な子、苦手な子がいていいじゃんねえ。って、話ずれてるかっ。(笑)

とか言いつつ、私自身はけっこー協調性もなく、柔軟性もないんだよなー。
最近特に、ワガママに生きてる気がするの。
はーーー、反省。

ご無沙汰してました、こんにちは。

やっぱりわたしは冷たい人間だと
記事を読ませてもらって思いました。(汗
若いチームにお一人だけ60代・・・
監督さんはどうして受け入れられたのでしょう?
他の高齢者の方のチームがあるはずです。
これはイジメで言っているわけではないのです、
運動能力、瞬発力、他にも格段に力の差がある筈なんです。
万が一、ケガでもされたらどうするのでしょうか・・・、
(その時こそ、チームの雰囲気が悪くなるように思います)
この問題は、協調性・柔軟性以前の問題だと思いますね、
やはり、一人ひとりの心地よい居場所というものがあるのだと
わたしは思うのですよ。
会社ならば高齢の方の知恵は大切ですし活かすことも出来ますが・・・
今まさに、プレーされてるわけですから難しい問題ですね。
小さな声でいうと・・・サポート係り、
練習中にトスをしていただくとかに転じていただき、
そういう方向で、皆の役に立っているんだと本人に
解っていただければ、これは大きな戦力と変化していくと思うのですけども。。。
浅知恵のきゅうぞうでした・・・コソコソ・・・(笑

↓健康診断、お疲れさまでした。
いい結果が得られることを願っていますね。

方向性が一緒ならいいんですけど

マナティさん♪こんにちは^^

プロだとか、一部リーグで全国優勝を狙うとかなら方向性が一緒でいいのでしょうけど、まみから見るとママさんバレーだとちょっと微妙かなぁ、と思います。
ママさんバレーってお年を召した方の(勿論私もマナティさんも入る)健康維持って役割もある思うので。

多分原因は、プレーする年代の広さですよね。
高校や大学の選手に混じってママさんバレーの若手が着いていけないのと同じように、本当はもうちょっと年代が細分化されてるといいのでしょうけど。

ごたごたするのがイヤならば、勝ちを目指すチーム作りのために一定のレベルに達しないと認められた選手には退部をしてもらう規定を作るか、全員でエンジョイバレーボールかあくまで勝利を目指すのか話し合うべきかと感じました。
協調性は大事だとは思うのですけれど、それとは別にそれぞれが自分の意見を言う事も大切だと思います。
日本人は意見は言わないのに、後で文句を言う人が多いです。
協調性って多数決に合わせたり、雰囲気を読んだりすることではなくて、自分の意見を表明して、且つ他人の意見も聞いて最良の判断することかもと思います。

まみの所属チームは一部で結構強豪に入るので勿論勝利第一なんですが、最近は惰性が見えてきて悔しいです。やっぱり勝たなきゃ意味ないと思います。
けど、OBで作っていたチームでは、女性も子供も交えて安全に、好きなスポーツを楽しもうってコンセプトで行ってました。
それぞれ目的が明瞭なので、両方自分の意思によって住み分けています。

チームとしてどちらのスタンスをとるかは明確にしておかないと、入部する人や所属している人も判断しにくいので今が話し合うチャンスかもしれませんね。

個人的にはまみは年をとっても体を動かしていたいし、怪我が怖いから家に閉じこもって食っちゃ寝なんて絶っっっっ対に嫌!!なので、こうるさいオバサンであっても、(現チーム以外でも)活動できる場があればいいなって願っています。

まみは日本では協調性がないと言われてましたが、外国ではコミュニケーションがスムーズと言われました。
自分の意見を言うからなのですが、評価が分かれるのが面白いですね。

でも小悪魔♪(自称)なのでワガママでっす(笑)

ゆうゆうさんへ

お返事遅くて、スミマセン(>_<)
あー、ゆうゆうさんは誰とでも仲良くなれそうですね!
転校が多いせいかー、そうかもしれませんね。
それこそが協調性だと思いますよ~。
状況判断が上手いんですよね、きっと(^^)
「柔軟性がある」の反対は「わがまま」じゃないと思います。

そーそー!確かに人に合わせるのってストレス溜まりますよねぇ。
私もまさにそれです!
柔軟性は必要だけど、八方美人は良くないよなー
と自己嫌悪に陥ることあります。

ゆうゆうさんは、もちろん協調性も柔軟性もある方ですよ~。
そうですね、飲んでしっぽり語らないと~(^O^)/

シロクマさんへ

お返事遅くて、ゴメンナサイ(>_<)
シロクマさんの旦那サマ、バレーボーラーでしたよねー。
是非、ご意見伺いたいと思っておりました。
「勝ちたい」とか「頑張る」の度合いって
みんな同じじゃないですからねぇ。ホント、難しいです。
さすがに女子の中では椅子は飛びませんでしたが...(^^ゞ

そうなんです!昨今の運動会は、どうなのっと思います。
優劣じゃなく、個性と考えられないのかしら。
しかも、世の中は競争や不平等であふれてるというのに...
子供の時にも苦い経験してもいいと思うけどなぁ。

いやいやいやいや!
シロクマさんはワガママではありませーん!
ご自分の希望を通すことはあっても、周りを傷つけてないです。
逆に、いろいろ気遣ってストレスたまらないかな?と思うほどですよん。

きゅうぞうさんへ

こちらこそ、ご無沙汰してます、お返事も遅くてすみませんm(__)m
きゅうぞうさんにはタイムリーで、嫌な?話題でしたね...
それなのに、コメント下さってありがとうございます。

チーム立ち上げの時にIさんは
「もう一度、勝てるチームを作り上げたいの。夢を見させて。」
と、おっしゃったそうです。
その言葉を聞いて、部長は
「サポートしてくれるんだ、ありがたい」と思って受け入れたのです。
しかし、実際はIさんは現役選手でありたいみたいで...
練習試合が続いた時に部長が
「お体、大丈夫ですか?無理しなくていいですよ。」
とIさんに声をかけたのですが
「自分の体は自分でわかる!
あなたに私の体を心配してもらわなくて結構!!」と怒られたそうです。
こんな調子なので、Iさんには何も言えないでいるんです。
普段の練習では、あまり無理してプレーはせず、
球出しやアドバイスをしてくれてたりするんですよー。
なんとか、傷つけずにサポート役に徹してほしのですが...

健康診断の結果出ました~。
ほぼ...大丈夫でしたよん(*^^)v

まみさんへ

お返事遅くて、すみません~。
はい、ママさんバレーってとおっても微妙な世界です!!
部活でもそうだけど「楽しみたい」ってだけの人もいるんでねぇ。
しかも、くくりが「ママさん」っていうのもね...まみさんのご指摘は鋭いです。
既婚でありさえすれば、若かろうがお年寄りだろうが同じ大会で戦えるんですよ。(最近、35歳以上なら独身でも入れるようになりました。)

いちおう、年に何回か会合の場も設けてみんなで話し合ったりもしています。
けれども、方向性については名言したことはないかも...
なーんか、中途半端なんだよなー。
私は「はっきりさせてもいいんじゃないか」と提案したのですが、「さわらぬ神に...」と言ってる人が多い状態です。
まみさんのおっしゃる通り、どうも日本でははっきりさせることを好しとしない傾向にありますね。

私も、協調性=「長いものには巻かれろ」、ではないと思ってます。
自分も意見を言って、周りの意見も冷静に聞いて...というのが理想です。
それが、私にとっての柔軟性って感じなんです。
多分、まみさんと私の考えは似てると思います(^O^)
(だって、気合ってるでしょ?!)

まみさんのチームの状況も教えていただき、いろいろとアドバイスもありがとうございました!
良い方向に向かうよう、もう少し頑張ってみますね。

あ!まみさんはワガママじゃあないですよ~。
みんなの心をわしづかみにする小悪魔ではあるけど(笑)


プロフィール

マナティ2983

Author:マナティ2983
2007年10月左胸全摘+エキスパンダー挿入手術。
12月よりホルモン療法開始。
2008年3月に生理食塩水注入を終了。
5月下旬に入替手術終了。
2009年2月 乳頭作成手術。
2010年3月 リュープリン終了
2010年10月(不安障害の薬との兼ね合いもあり)
ノルバデックス終了
残すは乳輪作成(タトゥー)です。
71年生まれ、さそり座、A型、独身。

CalendArchive
最新記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
最近のトラックバック
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。