スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

回想(入院直前編)

2008/02/17 Sun

10月中旬、やっと入院前の最後の通院日を迎えました。
いつもは1時間待ちも当たり前なのに、すぐ名前を呼ばれました。

告知を受けたクリニックからのプレパラートを再検査されてたのですが...
「その結果がクラス3と出たので太針生検を先にして下さい」との事でした。

予期してない検査に動揺してしまいました。
しかも、後ですごーく痛かったんだよなぁ。
青タンになっちゃうしさー。気持もかなりブルーになりましたよー。

さて、検査を終えて再度、診察室へ。
一人で来た私を見て「あれ?親御さんは?」と主治医が聞きました。
この日に、手術の同意書っていうんですか、アレにサインがほしかったらしく。
でも、主治医は前回、特に言ってくれなかったんですよねー(~_~;)

「あ、母は今、旅行中です...」と告げると、
「ナニーッ(`^´)!!」と私の代わりに怒ってくれた主治医でした。

そうなんです、私もちょっとムッとした出来事があったのです。

手術日は10月下旬と2か月前から決まってました。
そして、早まる可能性もあるという事も言われてました。
ので、母に「10月15、16日、お母さん旅行だわ」と言われた時は
ちょっとアングリでした。

私「え...?手術早まる可能性もあるんだし、できれば行ってほしくないけど」
母「そーだよね...」
私「じゃあ、一旦キャンセルして手術とぶつからないってわかったら参加すれば?」
母「そーだよね...」
私「...そんなに行きたいの?」
母「行きたいっ☆」

ここまで、言われたら止められませんよね~(-_-メ)
まあ、結局手術とはぶつからなかったけどさ~。
なんだか寂しい出来事でしたよ
例えるなら、子供が家族の行事より友達とのお出かけを選んだ...
みたいな感じでしょうか(苦笑)

主治医からは「ま、マナティさんしっかりされてるし、
未成年でもないからサインは必ずしもってわけじゃないんです。
じゃっ、サインは手術前日にもらいましょう。」
と言われたのでした。

そうして、手術前日に初めて主治医と母は対面するのですが...
ウチの天然?オカンは無事ミッションを遂行できるのか?!
それは、次回...


コメント

Secret

No title

マナティさん、こんにちはー(^o^)
マナティさんのお母様~、娘の手術ですよ~(笑)
いやー、マナティさんのお母様にはいつも楽しませてかつ驚かされてばかりです(笑)
主治医と初対面の手術前日のミッションが無事に遂行できたのか・・・、心配です(笑)

No title

こんばんは、いやぁ~マナティさんのお母さま、いい味だしてます(^o^)
マナティさんしっかりされてるから、私は旅行に行っても大丈夫~♪って思ったんですかね^_^;
次回、主治医とお母さまのやりとり楽しみ?にしてます。

No title

マナティさんのお母様とっても天然な方ですね~。確かに手術にはいて欲しいけど、
心配されすぎちゃうと、こっちまで心配になるっていうか・・・。

それから、針生検、私も青あざっぽくなっちゃいました。あの太い針が胸に刺さる
ことを考えるとこわい検査だったな~。

No title

マナティママの天然具合なんともいえないわ~
「行きたい」って正直に言っちゃうところがまたナイスv-218
これは続編がまた楽しみ♪

でも家族がそのくらいおっとり構えててくれた方が患者本人としてはやりやすいかなとも思うんだけど。
私が手術したとこはそのあたりはとてもドライで手術当日も付き添い不要だったから、母としてはかなり不満かつ心配だったみたいで親不孝な娘です。
結局当日は一緒にくっついてきちゃったけどね・・・
(そう、私もちいさんと同じクリニックです)

針生検ってやっぱ痛いのね。
私は細胞診でクラス5で確定診断出たんだけど、別の病院で手術予約してたとき針生検するって言われて「悪性で全摘って決まってるのに今更そんな痛い目にあいたくない!」と言ってドクターの逆鱗に触れたことがあります。

続きが楽しみ!

早く知りたいわ~
マナティままの行動が楽しみ^0^

私の経験だと しっかり者の母⇔天然娘 天然母⇔しっかり者
って方程式があります 笑
マナティ家もピッタリ私の方程式にはまってます 笑

No title

こんにちは(^^)
娘の手術と旅行、どっちも大切だったということで・・・
でも、マナティさんのお母さまみたいなほうが、気楽でいいですよ。
うちの母は、私より先にブルーになりますから。
そのうえ、落ち込みようもひどいもんだから
こっちが「大丈夫だよ。心配いらないよ。」になってしまいます。
ホントに、どっちが病人なんだか・・・・

No title

マナティさんのお母様、おもしろいですね~
でもこのくらいのほうが、娘としては気楽でいいかもですね。
あまり真剣に心配されすぎるよりは、旅行に行ってしまうくらいに
気楽なお母様のほうがいいのかもしれません。
ちょっと寂しい気がするかもですけど...

くまくまさんへ

くまくまさん、こんばんはーっ(^O^)
実家でのんびりできましたか~?
くまくまさんのように、自立されて一人暮らしした方が、
親のありがたみがわかるのかもしれませんね(+_+)
次回、乞うご期待(^_-)-☆

サニーさんへ

「いい味出してる」ですか~?!
ウチの母は天然というか、素直なんです。直情タイプです。
私がどうこうではなく、ホントに自分が行きたいから旅行に行ったんですよー。
コレ、ホントです(゜_゜)

ちゃこさんへ

確かに心配され過ぎるのも嫌でしょうね。
けど「ちっとは心配してよっ」って感じなんです~。私も子供なんですよね^^;
針生検の針、見たらビビりますよねー。
「噂の検査スルーできた」とひそかに胸をなでおろしてたんですよー。
ので、その分「えー、やるの~?!」ってショックでかかったです。

OPALさんへ

家族が本人よりアタフタしてたり、ナーバスになられるのもツライですかね。
でも~、ウチの母はどっかり構えてるとか、そーゆーんじゃないんです><
OPALさんのクリニックは手術の付添不要なんですねー。
それはそれで、家族は心配ですよね。

私も「今更、針生検するの?!」って思ったけど、病院としてはクラス3と
出たからにはやらないわけにはいかないのでしょうね。
でも、前のクリニックで二人の病理医の診断がクラス5だったんですが。
それだけ、病理の判断て難しいって事なのでしょうか。
OPALさんが「今更痛い目にあいたくない」と思われた気持、わかりますよ!
ドクターの逆鱗に...
ドクターも念には念をだったのかもしれませんが、怒ることないですよねー。
患者の気持ちもわかってほしいですよね!

mimiさんへ

恐るべし、mimiさんの方程式(゜-゜)
私の場合は反面教師なのかな~。
天然さんて、ズルイとゆーか、うらやましい!!
私も鈍感力を身につけたい、この頃ですよー。

みやびさんへ

こんばんは(^^)
そうでしたー、みやびさん母はナーバスさんでしたっけ。
それも気を使いますねー。
でも、「その分自分がしっかりせねば」ってなるのではー?
アレ、そういった意味では立場は一緒なんですかね??

まみさんへ

結局、ないものねだりなんですよね(^_^;)
心配され過ぎても、ほっとかれ過ぎても嫌なんです...
ま、ウチはお互い言いたいことが言える間柄なだけ
マシな親子関係なのかなー、と思うことにします。
でも、やっぱり寂しかったですよー(-_-;)
プロフィール

マナティ2983

Author:マナティ2983
2007年10月左胸全摘+エキスパンダー挿入手術。
12月よりホルモン療法開始。
2008年3月に生理食塩水注入を終了。
5月下旬に入替手術終了。
2009年2月 乳頭作成手術。
2010年3月 リュープリン終了
2010年10月(不安障害の薬との兼ね合いもあり)
ノルバデックス終了
残すは乳輪作成(タトゥー)です。
71年生まれ、さそり座、A型、独身。

CalendArchive
最新記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
最近のトラックバック
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。