スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

再び×再び

2010/09/20 Mon

派遣の私、以前の職場は8/20に契約が切れました。

忙しい時は「あー、もうイヤッ」って思ったりもしたけど、
周りはいい方々ばかりで、今思うと働きやすかったなぁ。

現場はこれから忙しくなるところで、
周りの皆さんは私の延長を上司に懇願してたらしい。
が、管理職側は経費削減命なわけで...

不況の波はここまできたか...と思いましたよ
派遣はホントにこの先やばいなぁ、と実感したものです。

しかし、9/1から新しい職場が決まり、再び大都会へ。
仕事の内容はあまり好みの仕事ではなかったけど、
環境や同僚の皆さんも良い感じでホッとしてた。
ピーポ君
昼休みはピーポ君を横目にお弁当を買い、
「やっぱり都会のお弁当は、おしゃれでうめぇな~
なんてラリラリしてたんだけど...

満員電車だったり新しい環境に気疲れしたのか、次第に調子を崩し始め
極めつけは職場でいてもたってもいられず、トイレにかけこんでしまったのです。

こうなるとすっかり自信がなくなり、電車も職場も避けたい気持ちでいっぱい。
発作はわずかな時間なんだけど、それがまた起こるかと思うと、ただただ恐怖。

「新しい職場にも迷惑かけてしまうから、すぐ次の人見つけてもらった方が」
「休むににしても、いつまで?」
「次の仕事がすぐ見つからなかったら?」
「でも、とにかく外に出たくないっ!」

そんな思いがグルグルして、辛くてしょうがなかった。

派遣会社の担当に
「しばらく休みたいので、契約終了ですよね?」と連絡したところ
派遣先の了承も得て「とりあえず1週間休んで様子を見る」という事に。

私はすでにうつ状態のネガティブ思考だったので
「あー、すっぱりクビにしてくれた方が気が楽なのに」とか
「1週間で良くなるわけない。復帰して、またダメだったら?!」
って気が重かった。

とりあえず、去年の12月以来行ってなかったクリニックに行った。
「仕事に行くのが辛くて仕方がない」
「1週間の休養で復帰できますかねぇ」
「もっと休むとしても復帰のタイミングは」

今の状況や先々の不安を吐露する私に、先生が言った言葉は
「今はご自分の体調の回復だけ考えればいいじゃないですか」

(優しい言い方ではなかったんだけど)この言葉にハッとした私。
今あれこれ考えても、この先どうなるかなんてわからないのに...

うつ状態になってると偏った認識に陥りやすい。
知ってても、その真っ只中だと気づけないもんだなぁ。

という事で、現在引きこもり中でございます。
(ちなみに、ジェイゾロフトとエリスパンを服用中。)



プロフィール

マナティ2983

Author:マナティ2983
2007年10月左胸全摘+エキスパンダー挿入手術。
12月よりホルモン療法開始。
2008年3月に生理食塩水注入を終了。
5月下旬に入替手術終了。
2009年2月 乳頭作成手術。
2010年3月 リュープリン終了
2010年10月(不安障害の薬との兼ね合いもあり)
ノルバデックス終了
残すは乳輪作成(タトゥー)です。
71年生まれ、さそり座、A型、独身。

CalendArchive
最新記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
最近のトラックバック
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。