スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

回想(病理結果編)

2008/03/03 Mon

感染騒ぎも終息し、後は病理結果を待つのみでした。
ウチの病院の乳腺科はハンパない混みようで、
病理結果を聞けたのは手術からなんと1か月後でした。

手術前に主治医からは

1.腫瘍の大きさが2cmをこえる
2.悪性度が2~3
3.腫瘍周囲の脈管侵襲がある
4.HER2陽性
5.35歳未満

の1つでもあてはまったら、
リンパ節転移がなくても抗がん剤をすすめます、と言われてました。

これをすり抜けられる人は1~2割と聞きました。
ので、もちろん抵抗はあるけれど、化学療法は避けられないだろうなーと思ってました。

針生検の結果は急ぎだったので「硬がん、悪性度2」までしかわかってませんでした。
でも、悪性度2だったし、抗がん剤は決定かなと思ってたんですよねー。

ところが...結果は思いのほか良くて。

浸潤がん1.8x1.2cm 1個の周りに1cm未満の浸潤がんが3個あり、
さらにそれらの周りに、非浸潤がんが9.5x4.0cm拡がっていました。
いやあ、すごい拡がりよう...(ー_ー)!!全摘で正解でしたよー。

良かったのはその他の結果です。

リンパ節転移:なし(0/4) 悪性度:1(針生検では2だったのにー!)
ER:陽性 PgR:陽性
HER2:2+ 脈管侵襲:リンパ管・血管どちらもなし

「HER2が2+という点と、がんの拡がりが大きいという点がひっかかる位で、
ホルモン療法はもちろん勧めますが、抗がん剤は本人の希望次第で」
と主治医に言われました。

結果が良かったのに、悩んでしまうという変な状況。
いくら再発率が低いとは言え、0%じゃないと思うと不安になります。
本人の希望と言われても、なかなか踏ん切りがつきませんでした。

今後の治療法については科内でも検討するので、
また2週間後に診察を受けることになりました。
その間に私は腫瘍内科医のお爺ちゃん先生の外来を診察して、
私も考えをまとめます、という事にしました。

ところで、形成外科の若先生の水足しも進行してました。
若先生は乳がんのことはほとんど知識ないです^^;
専門外はあまり知らないんですねー、お医者さんて。

若先生に「病理結果が良くて化学療法をやるかやらないか微妙なんです」と報告すると、
「そっかぁ、抗がん剤するメリットが少ないって事なんだー」
と、なんだか素人に毛が生えたくらい?の返答でした。(~_~;)

さらに「でも、最終的には自分で決めなきゃいけないんですけどね」と私が言うと、
「えー!自分で決めなきゃいけないの?
そんな大事なこと、先生に決めてほしいよね~!?」
って言ってるし~。

若先生...共感してくれたのは嬉しいけど、なんか脱力したよー(^_^;)


化学療法をしなかったのはもうおわかりかと思いますが、続きは次回!


コメント

Secret

私だったら。。。

マナティさんのお乳のなかにはずいぶんとやつ等が巣食ってたのね。。。
私も全摘後の病理では全体に浸潤癌が散らばってたよ。
思い切って取っといてよかったぁ~と本当に思った。
アメリカではマナティさん達の様な抗がん剤治療がビミョウーー;って方々のための検査があります。それをすると今後の再発のリスクが数値で出てくるのでとても参考になります。日本でも早くその検査を取り入れればいいのにな。と思います。個人の判断でってツライもんね。
ところで 9.5x4.0cmの非浸潤。。。さすがマナティ乳!私だったらお乳からはみ出してます^^;

おはようございます♪

検査結果に、一喜一憂しますよね。
もう、ガンなんだから最悪の状態なのに
少しでも、いい結果だとうれしくなる・・みたいな。
私は、最初の見解より検査をするたびに
悪い方へと流れていきました(^^;)
抗がん剤なんて、私には関係ないさ~と
ずっと思ってましたからv-406
素人が治療法を選択しないといけないというのも
正直、ツライものがありますよね。
医者のいいなりになるのも疑問だけど
素人の私に決めろって??
う~ん、難しい問題だわv-390

こんにちは!

自分で決めるのって辛いよね。
私の場合は絶対的に必要だったのでね。
でも、したくないってずっと先生に言ってたの。
やっても再発、やらなくても再発するならやらない方がってね(^^ゞ

若先生ももうちっとお勉強してほしいね^^;

3つ当てはまり~

治療指針は、だいたいどこも一緒なんですね。
地方在住者としては、その辺の地域格差がないか、
以前はかなり心配していました。
でも、治療の選択ってほんと難しい><
ホルモン治療が効くなら、
私も抗癌剤への抵抗はもっと大きかっただろうなぁと思うし。

若先生…ボケキャラ?^^;
マナティさんのフランクな雰囲気が彼を狂わせているのかも(笑)困ったもんだ…

No title

結果がよくても、あまり思わしくなくても、自分で自分の治療を決めるのって、本当に大変なことですよね。
こうしなさいって言ってもらったほうが、どんなに楽かって思ったときもありました。
悩んで、悩んで決めた答えだから、きっとマナテイさんにとって、一番よい治療法だったに違いありません。

医者は専門分野はとことん勉強していますが、専門外のことは素人レベルのことも多いようですよね。
マナテイさんの素敵な若先生もいろんな分野に目を向けてくれたら、もーっと素敵なよい先生になられるでしょうね。
若先生、マナテイさんのためにも、がんばれ~★

私も3つだよ~ん♪

知ってるって?(笑)
マナティさんの病院のボーダーラインをきいたとき、
それじゃあほとんどみんなケモ決定じゃん、と思ったけど、
病理結果が出て、マナティさんスゴイって思ったよ~。
あの条件をすり抜けたんだもの~。

今、mimiさんのコメを読んで気がついた。
私も9.5x4.0cmの非浸潤はお乳からはみ出るわんっ。

mimiさんへ

MRIやCTで「拡がってる」と表現された奴等、
勝手にウチのシマを荒らしてくれたましたv-412
手術前に全摘するかどうか悩んだのは何だったの?って思いますよねー。
mimiさんが仰ってるのって「なんとかオンライン」てやつですか?
全然違います?
「なんとかオンライン」は主治医にやってもらいました。再発○%って出るんですよねー。
でも、その数字も微妙で余計悩んでしまいました...

う、改めて考えると9.5x4.0cmって確かにデカイですね(~o~)

みやびさんへ

みやびさん、悪い方にいったんですね...
私もしこり小さいから温存でキレイに、と思ってたのが
あれよあれよという間に全摘になっちゃったり、
再建では感染騒ぎがあったりで、いい事なーい!って思ってました。
病理結果は期待しないで?いたら、意外と結果良かった~(^^ゞ
私たちの病気って、選択の連続ですよねー。
私の優柔不断を試されてる気がしました~。

ゆうゆうさんへ

絶対に必要だった方に比べたら、贅沢な悩みだったのかな?
やっても再発する場合もあるって思うと、やりたくないって気持もよくわかります!
私もそう思ったり、いややろうって思ったりグルグルしてました。

若先生、乳がん患者の再建するんだから
乳がんのことも勉強してほしいなー、とは思いました。
でも、自分の専門のことで精いっぱいなのかなぁと(^_^;)

りんごJAMさんへ

地域格差...気になるでしょうねー。
東京近辺だと、病院数も多いわけですからね。
病院数だけでも選択肢は狭まりますもんね。

ホルモン依存タイプかどうかは大きな違いだったと思います!
ホルモン治療が効かないんだったら、スッパリサッパリ決められるのに
なんて思ってしまいました><
若先生ボケキャラかなぁ(笑)?
でも、なんか許せる、好感もてるボケキャラですよん。

くまくまさんへ

みなさんもいろいろ悩んで、いろんな事を決めたんですよね。
私は贅沢な悩みだったかなぁ(-_-)
私も「自分じゃ決められない」と思ったこともありました。
くまくまさん、温かいお言葉ありがとうございます!
自分で決めた治療法を信じます!

お医者さんはなんでも知ってるもんだと思ってました~。
でも、全分野詳しくなんて無理な話ですよね。
若先生は外来担当して間もないみたいだし、多くは望めませんかね((+_+))

シロクマさんへ

しつこーく回想書いてたので、やっとこさ病理結果です(笑)
ホント、私の病理結果はミラクルでしたね~。
ネガティブマナティとしてはショックでかくないように
「結果が悪い」のを想定してたんですけどね^^;
シロクマさんにもたくさん相談に乗って頂き、感謝感謝です(T_T)

mimiさんのご指摘、なるほどでしたよね~。
よくよく考えると広範囲ですねっ☆今まで気づかなかった~。

でかい...

マナティさんの非浸潤癌9cm超えって....
しかもそんなに広がっていたのに再発率0%で抗がん剤免除なんて、すごいことだと思います。
インターネットの判断するやつって、Adjuvantってやつですかね?
私も自分でやってみようとしたのですが、あれって医療従事者しかやっちゃダメなんですね。
自分で調べてみたかったので結構がっかりしました。なんだよぉ。

しかし、若先生、フランクなのはいいですが本当に友だちみたいですね(^^;

まみさんへ

9cm超えってデカイですよね~。
そこに注目した事なかったので、言われてみれば広かったわ~。
そーです、Adjuvant Onlineです!
あ、再発率はさすがにゼロじゃないですよ!5~10%とかだったと思います。
主治医は欧米人のデータが元だから
東洋人だと少し数値は変わりますが、と言ってました。
医療従事者じゃなきゃダメなんですね~。
主治医が目の前でやってくれたけど、英語でチンプンカンプンでしたよ(~_~;)

うーん、若先生は友達っぽいかも。いや...後輩っぽい(笑)?!

そうなんだ~

マナティさんの病院の抗がん剤ボーダーラインってすごく厳しいんですね。
私はばりばり引っかかってるな~。
やるかやらないかは本人の決意っていうと、ほんとに迷いますよね。だって、
抗がん剤ってほんとに辛い治療!っていうイメージあったし…。
若先生の素人に毛が生えたような発言にはちょっと笑えたけど、何だかこうゆう時
って脱力系の返答もたまには和むかもね。

ちゃこさんへ

やっぱり、ウチの病院のボーダーラインて厳しいんですねー。
心配症なので手術前に基準を聞いてて、キビシイ!と思ってたのですが。
病院としてもそれだけ、再発・転移の患者を出したくない、って事なんでしょうね。
次回、私の堂々めぐりを書きますが、ホントに迷いました...(*_*)
若先生の言葉ってはっきりした性格の人はイラッとするのかも~。
でも、ピリピリしたがん治療の中で、私にとってはオアシスでしたね(^^)

No title

う~む・・・キビシイ条件ですね。
もしマナティさんと同じ病院だったら私もしっかり補助療法&化学療法か?
私は浸潤ナシだったのだけど、トリプルポジティブで補助療法についてはドクターによって意見が分かれるところでそれなりに迷走しました。
主治医は無治療派で結局は楽な方に流されるのであった(笑)

術前は別の病院では温存というオファーもあったけど、私は放射線に毎日通うというのが一番ネックで、瀬戸際のところならこだわってもしょうがないと告知後わりと早い時期に温存をあきらめたのだけど、病理結果が出てみて自分の選択が正しかったことがわかってホッとしました。

私も病変が相当広範だったけど、さすが~1cupUP分の違いは大きい(笑)

マナティさんの記録見てると私も微々たる治療記録残しとこうかな・・・って気が日々もたげてきます。

No title

こんばんは、この病気って治療が色々と選択肢があって悩むんですよね^_^;
確かに若先生が言うとおり、先生決めてくださ~い!って感じになりますね。
それにしても若先生のキャラ、私好きだなぁ~(^o^)

OPALさんへ

OPALさんも厳しいって思います~?!
病理結果は様々なのだろうけど、化学療法やる方って何%いらっしゃるんでしょうかねぇ??
私は手術待ち期間が2か月あったので、
化学療法について調べたり、ブログめぐりを散々してたんです。
ので、やる気というか、やるんだよなぁ(-_-;)とずっと思ってました。

OPALさん浸潤ナシだったんですね!
浸潤ナシでも化学療法やる方もいますもんね。
でも、楽な方に流されるって気持ちはわかりますよー。
すすんでQOLを下げるなんて、なかなかできませんよ...。

OPALさんは、早い段階で全摘に決められたんですねぇ。
ホント、病理結果で(広範囲わかって)ホッとするって変な気分ですよね((+_+))
あ、私も全摘と決まるまで相当悩んだけど、
結果的に放射線に毎日通わないで済んだのは良かったです!
感染疑惑の時に6日間通院しただけでグッタリでしたから(-_-メ)

お!OPALさんも治療記録残しましょうよ~!
たまってたものを出す感じがしてスッキリしますよ(笑)
私もOPALさんの治療記、是非読みたいですよー(^O^)/

サニーさんへ

医者まかせもいけないけど、自分で決めるって大変ですよね...
みなさんこの道を通ってきたんですよね~。
私は優柔不断なので、人生最大の選択の連続でした(~_~;)
若先生の良さわかってくれます~?
きっと頼りなくて嫌!って人もいるんだろうなぁ(笑)
プロフィール

マナティ2983

Author:マナティ2983
2007年10月左胸全摘+エキスパンダー挿入手術。
12月よりホルモン療法開始。
2008年3月に生理食塩水注入を終了。
5月下旬に入替手術終了。
2009年2月 乳頭作成手術。
2010年3月 リュープリン終了
2010年10月(不安障害の薬との兼ね合いもあり)
ノルバデックス終了
残すは乳輪作成(タトゥー)です。
71年生まれ、さそり座、A型、独身。

CalendArchive
最新記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
最近のトラックバック
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。