スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

回想(術後療法決定編)

2008/03/06 Thu

主治医との次回の診察の間に、腫瘍内科医のお爺ちゃん先生を受診したり、
ネットで専門医の相談HPに質問してみたり、自分なりに情報を集めてました。

だいたい回答は一緒で「化学療法はやってもやらなくても...」でした。
そうなると迷走は暴走するばかり。

「たとえ数%でも再発の確率が下がるならやろうか」と思ったり、
「化学療法しても再発する場合だってあるんだよ?!
辛い思いをしても、QOLを下げてもやるべきなの?」と思ったり。

常に何をしていても、やるやらないで揺れ動いてました。

私は結局、化学療法をやりたくなくて...
けど、やらないのも不安で...
やらないでも納得できる方法(や自分の気持ち)を探してました。

友達に「自分だったらやる?」って聞くと、
大抵「後であの時やっておけば、と思うの嫌だからやる」と言われました。
そう言われたらそうなんですけど、辛い副作用に恐怖心も募ります。

けれども、ここで化学療法やらないのって自分の命を大事にしてないような感じがして、
なんか...恥ずかしい気持ちもありました。
みんな辛い化学療法を乗り越えてるのに、自分だけ逃げてるような気がして。

今までおもしろブログばかり書いてた私ですが...
実は4年前に「不安障害」という病気を経験してるんです。
公共の場で突然気分が悪くなってしまったりで、家から出られなくなってしまいました。
まさに「引きこもり」状態だったんです。

もちろん仕事はできず、心療内科に通ってました。
薬や先生のお陰で徐々に良くなりましたが、しばらく調子は良くなかったですねー。
(あ、今はほぼ治ってます^^)

化学療法で、この時の気持ちがよみがえってしまうのが一番怖かったんです。

散々悩みましたが「化学療法はやらない」気持に固まりました。
幸いホルモン療法が効くタイプのがんだったのだから、
それに賭けよう!と思う事にしました。

2週間後の主治医との診察でそれを伝えると
「私もそれでいいと思いますよ」と言ってくれて、なんだか嬉しかったです(T_T)
ただ、この時点でカンファレンスがまだだったので、正式決定はできませんでした。

しかも!その3日後に主治医が決定の電話をくれるはずだったのに、
5日たっても電話がなく悶々とした日々を過ごしました。

しょーがないので、このうさを形成の若先生にぶつけてやる~って思ってたら(笑)、
若先生からも「治療決定したのー?」と聞いてくれたのです。

「電話くれるはずが未だに電話がないんです...」と語ると、
「ん~、カンファレンスの件はそこが大学病院のマイナス点だよね~。
けど『まだです』でもいいから、一報はすべきだよね。」と若先生。

「まあ、先生お忙しいんでしょうから...」と私が言うと、
「いやっ!それは違うでしょーっ!!それは理由にならないっ!」って若先生、熱血

結局、診察から1週間後に主治医から電話があり、
ホルモン療法のみでいく事に(やっと)決定したのでした~(-_-;)




コメント

Secret

自分自身で!

治療法(化学療法の有無)を自分で決めるのはシビアだけど
自分自身で納得して決めた事なら後悔はないよね。
人に強要されたものなら化療のつらさに耐えられないだろう。
一方的に化療必要なし。と言われて再発したら医者を恨むだろう。
自身が出した答えがBEST!と信じていれば絶対大丈夫だよ^0^

↓であった Adjuvant Online は多分私(夫)も化療の薬を選ぶ時に参考にしたやつかな? 医療メーカーが出してるやつかな?
コチラで受けるのは採った病理サンプルを検査機関に出すものです。
oncotypeDX っていうんだ。でもこれもLOW、INTERMEDIATE、HIGHとあって中間だとどちらでも・・・って状況には変わりないんだけど^^;

おはようございます

やっぱり、抗がん剤は辛い治療だから
マナティさんの迷う気持ち、よ~く分かります。
ほんとに、たくさんのものを私から奪っていきましたから・・・
やって○なのか、やらなくても○なのか
誰にも分からないことですものね(^^)

「不安障害」だったんですね。
明るいマナティさんのブログからは想像できないけれど
辛い経験されてるんですね。
でも、今はほぼ治った とのこと!! よかったv-411

No title

不安障害のつらさはなかなか判ってもらえないって経験者の友人から聞いてるので私には大変さは分からないのだけど、でも化学療法の体への副作用のつらさより心の影響が怖いってのはわかるなぁ。

医療関係者の友人がやってもやらなくてもと患者が選択できる状況として、日本人は「化学療法をすれば再発率を5%下げられます」って言われると1%でも下がるならやるって人が多いけど、北米だと5%しか下がらないならやらないって人の方が多いって言ってました。
健康なときは私は明らかに北米ケースだけど、自分が直面したらやっぱり1%の可能性でもしがみつきたい衝動に駆られたこともあったな。
結局はより楽な方へ流されるんだけどね(笑)

若先生、頼りなさげだと思ってたらなかなかかっこいいじゃん♪
マナティ&若先生の妄想劇場もバリエーション出そう(爆)

私の治療記録は微々たるもんだけど、書き始めたらご報告いたしますわ。
(公言するとプレッシャーになってやることになりそうだしな・・・)

mimiさんへ

術式についても術後療法についても、決めるまでは悩みましたが
決めた後はスッキリするもんですね~。
私の責任で選んだと、誰の何のせいにもしたくはない、と思いました。
自分で選んだ道を信じます、mimiさんありがとうございます!

mimiさん、「検査」って書かれたましたもんね。
オンコなんとか、ですよね??どっかで聞いたような...(*_*)
少しでも判断のきっかけ?になるようなものは欲しいですよー。

みやびさんへ

抗がん剤に対しては(手術前からずっと)抵抗がありました。
みなさんのブログを拝見してて辛さが伝わってきて...
化学療法された皆様、尊敬いたします。
辛い治療を乗り越えたみやびさん、「やる事はやった!」
って自信につながりますよね!

「不安障害」は、その時はホント辛かったですよ~(>_<)
今は丸々太ってすっかり元気です(^^)v
みやびさん、ありがとうございます♪

うんうん、いいと思います。

マナティさん、ちゃんとご自分で検討して決められたのだから
良い決定なのだと思います。
確率も低く、ホルモンが効くのなら、その選択はいいと思います。
辛いことを絶えなきゃいけない治療もあるけど、してもしなくてもな
治療をムリに耐える必要はない、と思います。
マナティさん不安障害だったのですか。
私も東京にいたときに職場の左遷いじめで心療内科に通っていました。
心だけじゃなくて身体にも色々症状が出てたのですが、
やっぱり心が一番辛かったです。
乳癌もあのときの心のせいでなったのだと思います。
マナティさんの選択はやっぱり、結局は心にも身体にも
一番いい選択をされたんたと思います。

ところで若先生、やっぱりマナティさんと仲良しなんだからぁ~i-176
いつの時代よと言われようとも友和&百恵みたいです。
(今日くまくまさんに会ったときにも突っ込まれました^-^;)

OPALさんへ

意外と「不安障害」って知られてるんですかね?OPALさんの友達でもいらしゃるんですね~。「辛いですよねっ!」とお伝え下さい(笑)
日本人てやっぱり真面目?なんですねー。私も5%でもすがりたいとも思ったり、化学療法しても再発する時はするならやりたくないと思ったり。結局は私も楽な方に流された一人です。
自分の性格からすると(心配症なので)やるであろうはずなのに...逆に「やらない」と決められた勇気に自分自身ちょっとビックリです(ー_ー)!!

若先生、頼りないだけじゃないですよー。言うことは言ってくれます、ウフ。

OPALさん、治療記録は気が向いたら自分のペースで書いて下さいねん。
プレッシャーや義務になるとつまらなくなりますからねー。でも、書き始められたら是非教えて下さいね~(^O^)/

まみさんへ

まみさん、ありがとうございます(T_T)
悩んでた時は「辛いことから逃げてる弱虫か?!」って自分を責めたりしてました。
化学療法をしてるみなさんに申し訳ない気がしてならなかったんです...
でも、術式も病理結果もそれぞれ違うんだから、
それぞれの選択があるんですよねぇ。
あ、やっぱりまみさんも心療内科通ってましたか~。
なんかそんな気がしたんですよね。
前にまみさんとこのコメントで書いた心療内科通院は
この「不安障害」の時の事なんですよー。
心が疲れてるのは、ほんとーに辛いですよね...

若先生と仲良しかしら、デヘ。
ってゆーか!!くまくまさんと会ったんですね~!!
超ジェラシー!キーッ!!いいな~。私もお二人と会いたーいっ<(`^´)>

No title

こんばんは、悩んで決めたことだから、マナティさんにとってベストの選択だったと思いますよ~(^o^)今はネットとかで情報が多くて、私も人の治療と比べて不安になったりしますけど、自分の選択がベストだって思っています。
とっても明るいイメージのマナティさんですが、心療内科に通われてたことがあるんですね。なかなか心の病気は周りから理解されにくいと聞くので大変だっただろうなと思います。ほぼ治ってよかった~(*^_^*)
マナティさん、若先生といい感じじゃないですか!ジェラシー!(マナティさんのコメントをまねてみました^_^;)
あ、まみさんとくまくまさんお会いしたんですね~。これまたジェラシー!ですわ。さそり座の女は嫉妬深いかも☆

No title

マナテイさん、こんばんみー。

とってもお元気で、陽気なマナテイーさんが不安障害だったなんて、驚きました。
お辛い思いをされたんですね。ウルウル。
ケモの副作用のような体の辛さも苦しいですが、心の辛さはそれ以上ですよね。
でも、今はほぼ治られて、おもしろブログを書いて私たちに元気を与えてくれているマナテイさんだから、もう大丈夫ですよねっ★
これからは、自分の選んだ治療を信じて、進んでいきましょうー★

まみさんと今日お会いしましたよー(イエーィ)
とっても素敵なかたでしたよっ★マナテイさんにもお会いしたいでーす☆


サニーさんへ

そうなんですよ、ネットやブログで情報を得られるのは良い面もありますが、
不安や心配が生じる場合もあるんですよねー。
でも、自分の選択がベストだったと信じます!
サニーさん、ありがとうございますm(__)m

心の病気は偏見もたれがちだし、理解してもらいづらかったです。
でも、最近はうつ病がクローズアップされたりで徐々に浸透してるのかなぁ。

サニーさんもジェラシャーですね^^;!
そーそー、さそり座は「嫉妬深い=愛情深い」ですよね~(笑)

くまくまさんへ

くまくまさん、こんばんみー♪
私の「不安障害」意外でしょ~(^^ゞ
でも、カミングアウトしてないだけで心療内科経験ある方多いんじゃないかなー。
心の病気も辛いですけど、ケモだって相当辛いんですよねi-241
ま、辛さ比べをしてもしょうがないですねー。
みんなで元気に明るく前に進みましょ~!

くまくまさんの文章がノリノリでププ~v-290
よほど関西生活楽しんでるんですねー!
まみさんとのご対面、是非書いて下さいよぉ☆ジェラシー★

ポジティブな選択

こんにちわ♪
抗癌剤治療は“やってもやらなくても…”と言ってしまうには重すぎる治療ですよね。
前記事でマナティさんも言ってますが、私はトリプルネガティブだったから
シンプルに開き直った部分であります。
それにやはり、相当の気持ちが必要だと、治療が一段落した今改めて思います。
ホルモン治療だってもちろん楽ではないと思いますし、ある講座でホルモン療法で
確実にガン増殖を抑えている画像をみたことありますよ。
なんだかエラソーだ…失礼しました^^;

No title

乳がんっていろいろ治療法があるからこそ、その後の治療には悩むよね。
私は初発の時は超早期だったので、主治医からは、抗がん剤の「こ」の字も出てこなくって、
化学療法なんて、絶対やらないものっていう認識でいたの。私と同じ病期の人は
ほとんど大丈夫なのに、私だけ、運悪く再発しちゃって、一時は抗がん剤しなかったからかな~と悩んだりもしたけど、もう今更後悔しても仕方ないし、去年半年間ばっちりやったから、大丈夫だと思って納得しています。
マナティさんは、ほんとにいろいろ迷って、決めたことだから、それでいいと思いますよ。
抗がん剤って、ほんとにリスクあるし、多少寿命を縮めるって聞いたこともあるし・・・。
乳がんにはホルモン治療もすごく効くらしいし!!副作用のない治療法が、早く見つかれば、一番いいですね。

りんごJAMさんへ

そうですね、中途半端な気持ちで化学療法しても続かなかった気がします。
やられた皆さんから温かい言葉を頂き、恐縮です...
ホルモン療法については治療の選択肢が増えるのはいいことですが、
副作用だってそれなりにあるし、またいろいろな問題を含んでますよねぇ。
でも、ホルモン療法だってがんを抑える実力はあるんですもんね!
りんごさん、ありがとうございます!!
化学療法をやらなかった劣等感、ぬぐってくれました~(T_T)

ちゃこさんへ

ちゃこさんのブログへのコメントは最近ですが、以前から拝見してました。
もし、ちゃこさんに嫌なこと思い出させてたら申し訳ありませんでした。
ちゃこさんに限らず、運悪く再発される方もいらっしゃいますよね。
なので、私も病理結果が良かったとはいえ
この先やらなかったという不安にさいなまれるなら...とも思いました。
再発率5%とか言われても、その5%に入らない保証もなく、
後はホントに運の問題なんだろうなー。もうそう割り切るしかないですよね。
今回は化学療法やられたみなさんに逆に励まされましたi-241
ありがとうございました~!!
プロフィール

マナティ2983

Author:マナティ2983
2007年10月左胸全摘+エキスパンダー挿入手術。
12月よりホルモン療法開始。
2008年3月に生理食塩水注入を終了。
5月下旬に入替手術終了。
2009年2月 乳頭作成手術。
2010年3月 リュープリン終了
2010年10月(不安障害の薬との兼ね合いもあり)
ノルバデックス終了
残すは乳輪作成(タトゥー)です。
71年生まれ、さそり座、A型、独身。

CalendArchive
最新記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
最近のトラックバック
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。