スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

乳がんについて考える

2008/10/09 Thu

ピンクリボン月間ということで、たまには私もちょっと真面目な?話を。

病気になった時に町の病院にかかっても、
薬を処方されて終わり、って場合が多くありませんか?

私が変なところで細かいからかもしれませんが、
どうしてそうなったのか、その原因が知りたいのです。

腹痛だったら食べ物にあたったから、とか
かゆかったら乾燥のせいです、とか。
だって、原因がわかれば予防ができますよねー。

して、乳がんの場合。

「食事の欧米化」や「遺伝」や「初潮が早い」など、
いろいろとなりやすいリスクはあるようです。

告知直後はなかなか乳がんを受け入れられなくて
「食事がバランス良くなかったから?!」
「ストレスに弱い体質だから?!」等々
乳がんになった原因を考えたりもしました。

そして「どうして私が??」と何度も思いました。

けど、がんに限ってはそんなことを考えてもしょうがないのかな、
と今は思うのです。
(もちろん、食事に気をつけるとか健康的に過ごすのはいい事ですよ!)

乳がんになった原因をつきとめて
「『だから自分はがんになってしまったんだ』と納得させなきゃ、やってらんねー」
って心境なんじゃないかしら...

乳がんってリスクが低い人でもなる時はなるし、
女性である限り誰でもなる可能性はあると思います。

それから「どうして私が??」って思うのって
なんかおごり高ぶってるというか、よくよく考えると変な考えですよねー。
すごく健康に気をつけてる人が思うならまだしも、
私は取り立てて気をつけてませんでしたから...

乳がんのことを受け止められてからは
「じゃあ、誰なら乳がんになってもいいんだ?!そんな人はいないよ...」
と思うようになりました。
今ではもう「事故」だと思ってます。

ちょっと、かっこつけ過ぎてますかね(>_<)

でも、こういう考えにいたったのも
早くに父をがんで亡くしてるからかもしれません。
「あんなに優しい素敵な父が若くして亡くなるなんて、人が死ぬのは平等なんだ」
と13才で思い知ったからかもしれません...


今回の内容は、あくまで私の考えです。
不快に思われた人がいらっしゃったら申し訳ありません。


コメント

Secret

事故ってのがかなり近い感覚だよね。
あと、ほっといても治りはしないって意味では虫歯感覚、とも。

乳がんのリスクファクターバッチリ当てはまってるんだよね、私。
肥満、初潮が早い、未婚・未経産・・・全部じゃん(^^ゞ
ショック、ってよりは「ああ、とうとうきたか」って感じだったし、病名がついてて治療法が確立してる病気でよかったってホッとしたってのが正直なところ。
既にすっかりノド元通り過ぎてしまって、さて、どうだったかな~???
子供の頃、難病で2年くらい学校休んで亡くなってしまったクラスメイトがいたの。
なんだかわからない病気ってのが一番怖い~

おはようございます♪

私も最初のころは「どうして私なの?」と何回も思いました。
でも、私の代わりに病気になっていい人なんか
どこにもいないんですよね。
それなら、ど~んと受け止めよう。
受け止めたら、乗り越えよう。
そんなこんなで1年が経ちました。
病気なって、ちょっとしたことでも
「楽しい」と思えるようになったし
少しのことでは、へこたれなくなったし(笑
人生、まだまだこれからよ~~

癌って事をうけいれるのはそう簡単な事ではなかったけど、私は『癌になったのが娘や旦那じゃなくて良かった。』って思いますよ。
私だから良かったとゆうわけじゃないですけど、大切な人がなるよりは、自分がなって治療がんばればいいやって思います。なんで私が?!って思いましたけどマナティさんの言うように事故みたいな感じですよね。もうなってしまったのだから、前向きにいきたいです(^-^)最近ホットフラッシュがきつくなってきたコッコでした☆

こんばんは~♪

「癌」は悲しい病ですよね。
でも、学べたことも多々あり、
わたしは「わたしでよかった」と、今では思っています。
「乳がん」は大昔からあったのだと思います、
女性にとっては辛い差別の中で生きておられ、
子供を産むだけの道具にされていた時代もありましたね。
ストレス社会といいますが、人間が生きている間は「癌」も増え続けるでしょうね。
やはり前向きに、人を思いやって生きていきたいな。

事故か。。。お父さまは事故って思いたい?
やっぱり昔の人がいわれるように優しくて素敵な方は、
修行はおわり卒業もお早いのかな、と思ってみたり、
だからわたしは後100年ぐらい生きるとおもいます。(笑
まみさん、大丈夫かな?心配です。
(ここで書くのも変ですね、ごめんなさい。)

私ね、病気がわかる前、食事は野菜を多くとって、週に1回泳いで、
って、微妙に(笑)健康に気遣ってたので、
「全く気にせず生活してる人もいるのにあたしかい!」って思ったの。
(でも、その2年前には乳がん検診受けてたし、自分と無縁のこととは思ってなかった。)
まあそういうこともあってか、自分のこれまでの生活とかに
がんになった原因を求めようっていう気はほとんど起こらず~。
33で罹患、ってさ、生活習慣が原因っていうには早すぎる気もするし。
「しょーがない、そういう運命だったらしい」って感じかなー。
家族じゃなくて自分がなった方がよっぽど気が楽だっていう面もあるしな~。
まあ病気になっていろんなことあるけれど、私は人生の肥やしになってると思ってるよん。
今まで知らなかったこと、いっぱい知ったしね!

私は告知された時、ショックだったけど心のどこかで「へー、私がねー」って変に冷静な部分がありました。
何で私?って言うか、私でもガンになるんだぁ・・・って。何か変ですね(笑)別にガンにならないようにしよう!っていろいろ努力してきたわけでもないのにね。
ただ今は、ガンになったのが自分でよかったと思ってます。大切な人が苦しむ姿を見るのは耐えられないけど、自分の方が気が楽だし。
病気になってよかったとは思わないけど、気付かされたことはたくさんあるので、ちょっとは役にたってるのかなって(^^)

まみさんへ

まみさんのご希望通り、削除させて頂きましたよ~。

OPALさんへ

虫歯感覚って、OPALさんらしい切り口ですね~。
確かにほっといても治らないですよね(>_<)
私も乳がんのリスクファクターはバッチリ当てはまります。
「どうして私が?」と思う反面、
(認めたくなくても)「やっぱりな...」って気持ちもあったような。
これだけ罹る人が多いってことは、治療法も日々進歩してるってことですね。
そうですね、わからない病気は怖いですね。

みやびさんへ

告知直後は受け入れられなかったし、悲しかったし辛かったです。
けど、なんだかんだで乗り越えられるもんですねー。
いろいろ失ったものもあるけど、得たものもありますよね。
こうして、皆さんとも知り合えたし♪
みやびさん、とっても前向きでステキ~。
私もあやかりたいです(^O^)/

コッコさんへ

うんうん、私も大事な人達にはがんになんて罹ってほしくないと思いました。
家族や友達が苦しんでる姿は見たくないですよね(;_;)
でも、そう考えると私も周りに心配かけてたんだなぁ(ーー;)
なってしまったものはもうどうしようもないのだから、
明るく前向きにいきたいですよね~。
あら、ホトフラがきつくなってきたのですか。
漢方薬(桂枝茯苓丸とか)試してみたらどうかしら??

きゅうぞうさんへ

昔、乳がんになってしまった女性は、現代女性より辛かったでしょうね。
そう思うと、今治療を受けてる私たちはまだ恵まれてる?!
でも、この先ももっともっと医療が進んで
「昔は大変だったんですね」と言われるようになってほしいものです。

父が亡くなった時は「辛い現世を卒業し、天国で幸せに暮らしてるんだ」
と思ってみたりもしました。
けど「私達家族を愛してくれたお父さんが何故、私達から離れてしまうの?」
と13才の私は辛かったのです...

まみさんからは(前職の恨みをぶつけて反省してますと)連絡頂きましたよー(^^)


シロクマさんへ

Kからシロクマさんは「健康に気遣ってたし、医療の知識も昔からあった」
と聞いておりましたよ~。
私、最初は「肥満や不摂生が原因か?!」と思ってたんです。
でも、シロクマさんは私のお師匠さまなので(笑)かなり影響を受けました!
初めて会った時に「女性であることが一番のリスク」
って教えてもらったんですよ(^O^)/
「そういう運命だったんだ」って思ってた方が精神的にいい気がします。
今だからこそ、私も家族や友達がなるより気が楽って思えますね~。
辛い時もあったけど、いい?経験させてもらったのかなー。

えー、シロクマさんでも知らないこといっぱいあったんですか~(笑)

いっきゅうさんへ

おぉ、これまた斬新?な感想ですね!
「私でもガンになるんだぁ」ですかー。
変な言い方ですけど、おもしろい表現ですねぇ。
しかも、すこしでも冷静な部分があったなんて~、スゴイ。
いっきゅうさんも、大切な人達より自分で気が楽だった派、ですね。
恨み辛みを言うより、病気になって得たものもあった
って思った方が健全ですよね(^^)

ありがとーございますm(・_・)m

マナティさんありがとうございますー。
お手数おかけしてスイマセン(T_T)
あと難しいかもですが、例の件後検討下さい。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

まみさんへ

全くお手数なんかではありませんよ(^O^)
大好きなまみさんの気持ち、わかる部分もありましたよー。
私は披露してないだけで、ドス黒い感情だってもちろんあります(-_-;)

鍵コメさまへ

いえいえ、お気になさらずに!!
私の方こそ自分の意見をおしつけてるようでしたら、すみません。
いつも、コメント嬉しいです。
末永く、よろしくお願いします(^O^)/

病院ベッドからです。

マナティさ~ん!
手術、無事に終えました。
当日は痛みでベッドの手すりにつかまってましたが、
それも半日のことで翌朝には痛みは引いていました。
入院前にも色々と励ましていただいたお陰で
落ち着いて手術台に登ることができました!

リンパ節は術中迅速何たら検査で転移はありませんでした(-。-;)


ブログ内容のことですが、癌になった、この確率で宝くじが当たってくれるといいのに!って思います。
買わなきゃ当たらないですけどね。

事故…そうですね~。
私もそう思います。
私の場合、健康には結構気をつけてたんですよ。『運』なのかなぁ。

でもこれでやっとスタートが切れました。

今度、パッドのことなどまたお聞きしたいので、その時はよろしくお願いします!

事故、事故。

こんにちは~。
ブログコメントありがとう、まだね、風のガーデン見てないんですよ。

世の中、わからないことばかりです。
煙草を死ぬほどすっていても肺がんにならない人がいるのと同じように。
がんに限らず、今の比較的若い女性は常にがんばる場所にいなくてはいけないのです、だから、そういうことで遺伝子に何かしらのスイッチが入ってしまうのだと思います。
「なんで私が?」っていう言葉はよく聞くのだけど、じゃあ、隣の人ならいいのか?そうじゃないですよね。
そりゃあ、がんがないほうがいいけどもうその事実は消せないし、どういう形にせよ、受け入れるしかないんですよね。
受け入れないと、ひずみが来ます。
シロクマちゃんが書いてるとおり、人生の肥しとして受け入れていきましょう、わからないことで悩まないようにしたいですね、私は。

小夏さんへ

手術、無事に終了して良かったです!!
痛みもそんなに長引かなかったようで、順調ですねー。
私は2~3日微熱があってだるかったし
(エキスパンダー挿入したので)痛みも退院するまでありましたよ~。
それから、リンパ節転移がなかったのは本当に良かったですね(^^)

がんになってしまったことを恨んで嘆くよりも、
なってしまったことは‘事故’と思ったり
‘運命’だと受け入れた方がいいと思うんですよね。
小夏さんもなんだか吹っ切れたようで前向きな力を感じます!
手術前はあれこれ不安だけど、意外となんとかなるもんです。
退院は今週末くらいでしょうか。
あまり無理せず、少しずつできることから初めて下さいねー。
ご質問ありましたら、いつでもどうぞ~(^O^)/

まきさんへ

こんにちはー!
そうなんです、世の中わからないことばかりですよねー。
どんなに健康に気をつけていても病気になる時はなるし、
いいことしてたら報われるってわけでもないし...
時に空しくなるけど、それでも一生懸命生きていくしかないんだと思います。
受け入れないとひずみが生まれるって、わかる気がします。
告知直後のあの時の心情は、まさにそんな感じでした。
受け入れたくなくて現実から目をそらしたくなったけど、
そんなの何の解決にもならないし、とても苦しかったです。
受け入れられてからの方が(少し)気持ちが軽くなりましたもん。
プロフィール

マナティ2983

Author:マナティ2983
2007年10月左胸全摘+エキスパンダー挿入手術。
12月よりホルモン療法開始。
2008年3月に生理食塩水注入を終了。
5月下旬に入替手術終了。
2009年2月 乳頭作成手術。
2010年3月 リュープリン終了
2010年10月(不安障害の薬との兼ね合いもあり)
ノルバデックス終了
残すは乳輪作成(タトゥー)です。
71年生まれ、さそり座、A型、独身。

CalendArchive
最新記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
最近のトラックバック
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。