スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マナティ、付き添うの巻

2008/12/09 Tue

先週の木曜、母の付き添いで病院に行ってきました。

朝から14時近くまで病院に一緒にいたんですよー。
こんなに長い時間、二人っきりって久しぶりかもヴぁー
母は慣れない検査続きで疲れてたようですが、
私も(精神的に?)ものすごーく、疲れてしまいました。

初めに整形外科へ。
足の打撲を見るってわかってただろうに、
ズボンの下にタイツを履いていて、脱ぐのにしどろもどろしてた母...

それにしても、整形外科の先生がいけすかなかった怒
私が一緒に診察室入っても私にはイスはないし、
私が質問しても私の顔はいっさい見ず、ずっと母に向かって話していた。

「肋骨は折れてるから、くっつくのを待つしかないです。」
と淡々と説明してました。
「え?!ひびじゃないんですか?骨折してるんですか?」
私がすかさず聞くと、
「ポッキリ折れてます!この間も言いましたよ!聞いてなかったんですかっ。」
と、お怒り気味に母に言ってた。

だーかーらー。
母は脳しんとうで、記憶が混乱してるって言ってるでしょっ。
(元々、天然ボケだけどっ)
ホントに思いやりがないよなー、この先生!
『ポッキリ』って、キャバクラの呼び込みかっつーの。

その後、MRIとCT両方の検査をしました。
(事故当日は、整形外科ではレントゲンしかとってなかったらしい。)

MRIから出てきた後の母はハイテンションでした。
「は~、うるさいね~。工事中みたいだよっ☆」
って、ランナーズハイ的な感じ??

「でも、20分くらいで短い方だよ。私なんて40分かかったもん。」
と言うと、
「え?マナティもやったんだっけ?あれぐらいで?」
と言いだした母。

実は私も、車同士の事故に自転車で巻き込まれた経験があるのです。
奇跡的にほとんど怪我はなかったのですが、
母はその時のことしか頭になかったようです。

私が口パクで‘乳がんで’と伝えました。
もし、ここで母が静かな病院中に響き渡るような大声で
「あー、乳がんね!」と言ってたのなら...

いくら怪我のある母でも、ツッコミを入れるところでしたよ(ーー;)
さすがの母も小声で「あぁ」と納得してたから、良かったけど~。

その後、外科で肺も検査してもらいましたが、
全般的に大したことはないようで、少し安心しました。

皆さんにもご心配をおかけしました。
そして、温かいお言葉とても嬉しかったです(^^)
ありがとうございました!

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

成人病:医療保険に入った。

医療保険とは、病気やケガをした場合に、入院費や手術費用を保証するためのものですが、それを選ぶぶポイントについて考えてみました。まず、医療保険にも種類があります。終身型医療保険これは文字通り、終身(死亡)まで保証を受けられる保険です。更新型医療保険80歳な...

コメント

Secret

おはようございます♪

とりあえず、一安心ですね。
整形外科の先生の態度には、「・・・」ですね。
言う言葉がないというか、でもそんな先生がいるのも事実で・・・
でも、お母さまの症状が軽かったようなので
よかった、よかった(^^)
病院でもマナティさんとお母さま、楽しそう(笑
長い待ち時間も退屈しないで待てそうだけど(^^;)

骨折していたのですね。
骨折していても働こうとするおかあ様にあっぱれです。
整形外科の先生いかんですね~。
整形の先生って、ぶっきらぼうで独特な感じがするのは私だけでしょうか。
もちろん中にはいい先生もいると思いますがね。
ちゃんとマナティさんの病気について大声で言わなかったお母様、空気読めるいいママではないですか(●^o^●)

きゅうぞう、安心するの巻

こんばんは。
よかった~、でも本人は若いつもりで結構ムチャしてしまうので、
マナティさんが気をつけてさしあげてね。
(うちの母77歳ですが、ケロッとしてました、周りがハラハラ)(^^;
それにしても、これから益々、高齢者社会だというのに、
そんな言い方をする医者がいるというのは残念ですね。
しかし、・・・・お母さま、空気がよめるやないか~い!v-272(笑
わたしは空気読めないかも・・・だって、・・・
「ポッキリ」のところで思わず笑っちゃったよ~、お母さま申し訳ありません。・・・・ぷぷっ

お母さまの回復を、心より祈っております。
(うちの母でさえ最強でしたから大丈夫よん)

お母様大事でなくて何よりでした。
しかしやっぱり超マイペース(^^ゞ
付き添いお疲れ様でした。

整形の先生って年寄り相手が多いから他の患者さんの要領悪くてイラついてたのかしらねぇ・・・
事故直後はショックでたいてい何言ったって理解できないってわかりそうなものなのに。
整形は私かつてはしばしばお世話になってましたが、ホントばあちゃん達相手に根気のいる仕事だなぁと感心しました。

マナティママ、MRI初体験だったのかしら?
ハイテンションとは。
私はいつもMRIはあの大きな音の中で大爆睡で、技師さんに起こされます(^^ゞ

マナティママお大事に。
しばらくいたわってあげてください。

みやびさんへ

整形外科の先生、冷たいですよねー。
「当日は本人も記憶が曖昧で。脳も大丈夫だったんでしょうか。」と聞いたら
「それは脳外科で聞いて下さい!ここは整形外科だからね!」だとv-412
とりあえず、重大な問題はなかったので良かったです。
病院での待ち時間は楽しくなかったですよぉ。
私がお小言ばかり言ってました。
「他人をジロジロ見ない!」とか子供に注意すかのように(-_-;)

くまくまさんへ

母は骨折は初めてだったと思います。
病院から帰ってきてから早速、
「骨折だって!」と近所のオバサマ方に話しまくってました。
私も今まで、整形外科の先生で優しい先生に出会ったことないです!
うん、独特ですよねぇ。
診断するだけで手当してくれないって印象です(ーー゛)
えー、母は空気読めないのですよ!
私の乳がんについては、細心の注意を払うよう
口をすっぱくして言ってきましたから(^^ゞ

きゅうぞうさんへ

こんばんはー。
実は、母は事故の翌日も自転車に乗ってたんですよ(゜o゜)
もう、職場から家に電話しても出なくて心配しました。
もちろん、後で厳しく注意しましたけど...
周りで見ている方がハラハラする、心配になるって気持ちを味わいました。
ぷぷっ、こちらこそきゅうぞうさんのコメントに笑わせていただきました~。
きゅうぞうさんて、やっぱりおもしろいやないか~いv-272

そして、いつも温かいお言葉、励ましをありがとうございます。
ウチの母も、きゅうぞうさんのお母様に続けるといいなぁ。

OPALさんへ

ホント、大したことなくて良かったです。
でも、マイペース母に振り回されましたよー。

私、祖父・祖母とのふれあいがなく
(私が物心ついた時には、みな亡くなってたので)
高齢者についてあまり理解がなかったと、今回気づかされました。
私がゆっくり歩いていても、ヨタヨタ歩く母はさらに遅く...
お年寄りの方々は動作も話し方も遅い、早くしたくてもできない、
と思わないといけませんよねぇ。

母はMRIもCTも初体験ですよ!
「なんで、こんなにいろいろ検査があるの?いっぺんにできないのかねー」
と言ってました。
優しいお言葉、ありがとうございます(^^)

良かったっ

お母様、他には異常が見つからなくて^^
でも実は骨折なさってらしたんですね!!
それなのに普通にお仕事なさってらしたなんて...
益々マナティさんお母様のファンが増えちゃいます^m^
親孝行お疲れ様でした~♪
マナティさんは最近はご体調いかがですか??

よかった~(^^)

肋骨は骨折しちゃってたんですね。
それ以外は何ともなくてよかったです。
とりあえず一安心ですね。

それにしても「ポッキリ」って・・・。
ごめんなさい、マナティさんの文章を読んでいて噴いてしまいました(^^;)
MRIでハイになるお母様、ナイスですv-218
私はCTしか経験がないけど、毎回爆睡です。
これもどうかと思うけど・・・(^^;)

自分の通院も疲れるけど、付き添いも疲れると思います。
年末何かと忙しいと思いますが、体調崩さないようにね~(^^)/

まみさんへ

とりあえず、大したことないようで少し安心しました。
骨折で仕事してるのはスゴイとゆーか、なんとゆーか(-_-;)
本人は肋骨の骨折はあまり気にならないようです。(痛みも少ないみたいです)
打撲の足の方が痛いしまだ腫れもひかないし、
内出血の色がおどろおどろしくて気になるみたいです。
そうか~、付き添いも親孝行だと思えばいいんですねー。

私はもう、すっかり元気ですよん。
まみさんの愛のおかげで(笑)

いっきゅうさんへ

はい、ひとまず安心しました~。
「ポッキリ」って表現、どうかと思いますよね(ーー゛)
「久々に聞いたけど、骨折で使うかその言葉を!」と思いました...

母はもう幼児化してまして(苦笑)物珍しいMRIでハイになったようです。
今でも「あれはうるさかった~」と言ってます。
いっきゅうさんはMRI検査されなかったんですねぇ。
私は閉所恐怖症なのでやる前はドキドキでしたが、最後は寝てました(笑)

はー、温かいお言葉ありがとうございます(T_T)
いっきゅうさんもお体に気をつけて下さいね~。
プロフィール

マナティ2983

Author:マナティ2983
2007年10月左胸全摘+エキスパンダー挿入手術。
12月よりホルモン療法開始。
2008年3月に生理食塩水注入を終了。
5月下旬に入替手術終了。
2009年2月 乳頭作成手術。
2010年3月 リュープリン終了
2010年10月(不安障害の薬との兼ね合いもあり)
ノルバデックス終了
残すは乳輪作成(タトゥー)です。
71年生まれ、さそり座、A型、独身。

CalendArchive
最新記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
最近のトラックバック
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。