スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今さら気づかされた事

2008/12/19 Fri

私って、ついついおもしろ話に流れがちだなー、と反省。

母の病院の付き添いをして、思ったことがありました。
忘れないうちに書いておこう...

母はMRIもCTも初体験でした。
そして、私も自分以外の検査の画像を見るのは初めてでした。

...自分のことよりも緊張しますねぇ。
事故の怪我ももちろんですが、もし他に何か見つかったらどうしようと思いました。

先生が画像を見て言葉を発するまでの時間って、
数秒なんだけど、イヤ~な時間ですよね><
さすがの母も「すぐ『問題ないですよ』って言ってくれればいいのにkao04
とビビってた?ようです。

私の乳がんの通院はずっと一人で、
母に同席してもらったことはありませんでした。
(あ、手術の時は来てくれましたよ~)

その当時はまだ気持ちの整理もついてなかったし、
頼りない母に苛立ったり、物足りなさを感じていました。

けれども、今は同席してもらわなくて良かったと思いました。
私が今回、母の怪我を心配したような気持ちを
母には味あわせたくない、と思いました。

でもまぁ、母は私より肝は据わってるから
私のドキドキの30%引きくらいかもしれないけど(^_^;)

コメント

Secret

そうですよね

家族には私もすごい心配をかけてしまったと思います。でも私も乳がんの通院はほとんど一人で、告知される時や結果を聞くときも一人でした。なんか家族と一緒はやだくて…。私もどこかで心配かけたくない、大丈夫!って思いたかったのかもしれません。でもお母さんはマナティさんが付き添ってくれて、かなり頼りがいがあったと思いますよ(*^^*)

こんにちは

ホント、その通り。
マナティさん、優しいな~(^^)
大切な人であればあるほど心配かけたくないですもんね。
告知や治療のための通院はひとりだったけど、治療の説明の時はオットに同席してもらってました。
結構な精神的負担をかけていたんだな・・・悪かったな・・・ってちょっと後悔。
私もコッコさん同様、マナティママは心強かったと思いますよ(^^)v

こんにちは。

人は年を取ると図太くみえてしまいますが、
案外、いやきっと心配されて寝れない日々もあったのでは、と思います。
(マナティさんの病気のときも含めて)
お母さま、病院で初めての経験ばかりで不安だったことでしょう、
でも傍に娘がいてくれて心強かったと思います。

マナティさんはひとりで病気と向き合い、その辛いなかでも、お母さまを思いやる、
並大抵の事ではありません。
似た者親子でしたよね、
お母さまの優しさがちゃんとマナティさんに受け継がれていると思いますよ。

それにしてもわたしたち、親孝行しないと罰があたりそうだわね(あっ、わたしだけだわ 汗)、
来年も元気でいられることを目標に頑張りましょう、それこそが母親への恩返し、ね。^^

こんばんは☆
読みながらそうそう!と思ってしまいました。
私は、ホントに家族でなく自分がガンでよかったと思っています。(病気にならないのが一番なんやけど^_^;)家族がちょっと体の調子が悪いって言うだけで、ドキドキしてしまうのに、重い病気だったりしたら・・・。
そう思うと、ほんと家族には心配をかけてしまったなぁ。っと。これから親孝行しないとね(^_^)
マナティさんのおもしろ話も楽しみだから、また書いてくださいね~♪

普段健康な人が突然病院にかからなきゃいけないって時って動揺しますよね。
マナティママはお嬢さんに付き添ってもらえて安心だったんじゃないかしら?

乳がんについては両親にかなり心配かけちゃいましたわ・・・
両親世代にとって ガン=死 って直結してるしね。
同席については私の場合は逆で、同席してもらっておいてよかったと思いました。
私としては自分のことで手一杯だったし、何でも自分で考えて決める派なので同席はして欲しくなかったのだけどセカオピに行くときに母がくっついてきちゃって。
邪魔くさ~と思いながら一緒に診察室にいたけど、ドクターの口からきっちり説明を聞いたことで母は安心できたみたい。
一緒に病院から帰るときに母が行きとは違って落ち着いた様子だったのを見て、それまで軽く事後報告だけで済ませていたことに罪の意識を感じました。
患者本人はドクターから説明を聞き、質問したり自分で調べたりして病気についての知識を積み上げていく過程で感情的な折り合いもつけていくのだけど、家族はドカ~ンと爆弾宣言されていきなり本人と同じ位置に立つことを期待されるわけだから、本人以上に精神的にキツイと思います。
これから先、老いて行く親に付き添う機会も増えると思うけど、どんな風に接してあげるのが一番いいんでしょうね・・・

こんにちは♪

私も告知や検査結果は、一人で聞きました。
一人のほうが気楽だと思って・・・
でも母親は、同席したかったみたいです。
心配かけっぱなしですね、私たち(^^;)
心配するだけしかなかった家族のことを思うと
心が痛みます・・
でも今でも、自分からは連絡しない
とっても親不孝な私です(^^;)

コッコさんへ

コッコさんも一人で通院されてたんですねー。
私は一緒が嫌ってわけではなかったのですが、
母からは「一緒に行く」という申し出がなかったので(^^ゞ
でも、今頃一緒に行かなくて良かったなぁと思ったのでした。
うわ~、嬉しいお言葉をありがとうございます。
今まで心配かけた分、親孝行になってたかなぁ^_^;

いっきゅうさんへ

いやいや、優しくなんてないです。
乳がん発覚直後は「協力がない!」って、母にあたりちらしてましたよ(-_-;)
逆の立場になってみて、やっと周りの気持ちがわかった親不孝者です...
親子と夫婦だと、また違うと思います。
オットさんは同席して一緒に話を聞いて、
安心できた面もあるのではないですかねぇ(^^)
母は心強かったのかなぁ。
そう言ってもらえると嬉しいです、ありがとうございます!

きゅうぞうさんへ

そうですねー、ウチの母でも(笑)そりゃあ心配してくれてたと思います。
昔気質で、表現下手なんだとはわかるのですが...
まあ、私も子供でないものねだりなんでしょうね(>_<)
「もっと労わって!優しくして!」って思う時があるのですよ~。
乳がん発覚後は自分のことで精一杯で、母のことを思いやる余裕なかったですよー。
親不孝者でした。

今回の付き添いは少しでも恩返しができたのかなぁ。
そして、きゅうぞうさんのおっしゃる通り、
元気で暮らすという恩返しをしていかなければ!!

サニーさんへ

お!やはり同世代でさそり座A型のサニーさん、共感してくれますか(^^)/
手術から1年も過ぎると、また違ったことが見えてきますねー。
私は気付くの遅すぎですが、家族や大切な友人が闘病する方がツライですよねぇ。
はー、親孝行せねば。
元気で暮らすことと、早く結婚することが親孝行なんだろーなー。
むむむ、後者は特に頑張らねば...(苦笑)

OPALさんへ

実は当時は‘家族が診察に同席してくれる’に憧れてました。
母に同席してほしくないわけではなかったんですよー。
母からの申し出がなかっただけで...^_^;
家族が同席する、しない、というのはその家族の性格にもよると思います。
OPALさんの母上のように「一緒に話を聞くことで安心できた」という場合もあるでしょう(^^)
ウチの母は(もうおわかりかと思いますが)自分の思い込みが強いので、
話を客観的にとらえられないし、難しい話は苦手なんでね~。
なんてったって、主治医に「話聞いてます^_^;?」って突っ込まれたくらいですから。
でも、通院後は「どうだった?」と聞かれてたので、
必ず私が噛み砕いて説明してました。
ウチの母には余計な心配をかけず、それで良かったと思ってます。

みやびさんへ

みやびさんの母上は本人以上にオロオロしてしまうタイプなんでしたよねー。
(違ってたら、スミマセン)
そうだと、一人の方が気楽ですよねぇ。
以前は「付き添ってほしい願望」が強かった私ですが(笑)
余計な心配かけなくて良かったと、今さら思いました。
その立場になってみないとわからないものですねぇ。
みやびさんは母上と離れて暮らしてるのですから、
そうしょっちゅうは連絡できなくてもしょうがないですよー。

こんばんは♪

年末のご挨拶に伺いました(^^)
マナティさんには、いつも元気づけてもらいましたねー
来年もどうぞよろしくお願いします。
よいお年をお迎えくださいね。

みやびさんへ

んま~、みやびさん!
わざわざ、ありがとうございます(^^)
最近、ブログ放置気味の私。
書きたいことはたくさんあるのですが、おかげさまで忙しく過ごしていて
なかなか書く暇がなくってぇぇ。
みやびさんのところにもお邪魔できなくて、すみません。
こちらこそ、来年もよろしくお願いします!
よいお年を~♪

こんばんは♪

すっかりご無沙汰しています^^;
でもね、↓の記事にコメントしたつもりだったのに、
ちゃんと最後まで送信出来てなかったみたいで(^_^;)
先生に感じ悪いですねって私なら言ってるとか書いたと思うんですけど(笑)
もう忘れちゃいました、ごめんなさい^^;

優しいですね、マナティさん♪
お母さまは、もう元気になりましたか?
今年は、オフ会デビューして、マナティさんにも会えて嬉しかったです(^.^)
来年もよろしくお願いします♪

かちゅあさんへ

こちらこそ、ご無沙汰しております...><
ブログは放置気味だわ、年は明けるわ...スミマセン~。

一度書いたものをもう一度書くっていろんな意味でツライですよね。
わかります、いいんですよー。
(それでも、またコメント頂いて嬉しいです♪)
母は少しづつですが、良くなってると思います。
今日も家族でお出かけしました~(^^)

去年はブログを始めて、かちゅあさんとも出会えて私も嬉しかったですよ~。
今年もよろしくお願いしますm(__)m
プロフィール

マナティ2983

Author:マナティ2983
2007年10月左胸全摘+エキスパンダー挿入手術。
12月よりホルモン療法開始。
2008年3月に生理食塩水注入を終了。
5月下旬に入替手術終了。
2009年2月 乳頭作成手術。
2010年3月 リュープリン終了
2010年10月(不安障害の薬との兼ね合いもあり)
ノルバデックス終了
残すは乳輪作成(タトゥー)です。
71年生まれ、さそり座、A型、独身。

CalendArchive
最新記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
最近のトラックバック
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。